ホーム > スポンサー広告 > 1つのWordPressで複数のブログを管理する方法ホーム > WordPress > 1つのWordPressで複数のブログを管理する方法

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 |

1つのWordPressで複数のブログを管理する方法

WordPress 3.0以降では、マルチサイト機能が追加されましたので1つのWordPressで複数のブログを管理できるようになりました。これにより、複数のブログを作成する際のWordPressインストールの手間やデータベースを複数用意することから解放されます。

 

なおマルチサイト機能を有効にした場合、アドレス(URL)にwordpressが含まれてしまうのを阻止する方法として一般的である以下の方法が使えません

 

WordPress を専用ディレクトリに配置する(WordPress日本語サイト)

 

その対応策も合わせて解説します。

 

なお、マルチサイト機能では「サブディレクトリ形式」と「サブドメイン形式」での両方の運用が可能ですが、「サブドメイン形式」は少々複雑でWordPressの設定だけでは話が完結しませんので、本エントリーでは「サブディレクトリ形式」での設定について解説します。

 

WordPress本体の配置でURLが変わる

WordPressのマルチサイト機能を使う場合、WordPress本体をどの位置(ディレクトリ)に配置するかでアドレス(URL)が変ってきます。なお、WordPress本体とは「WordPressを構成するファイル群」のことです。

 

例えばドメイン○○○.bizで、ブログnewsを運営する場合、

 

①ドメインディレクトリのWordPressを配置した場合

配置:public_html/○○○.biz/wordpress/WordPress本体(ファイル群)

URL:○○○.biz/wordpress/news/

 

②ルートディレクトリ直下にWordPressを配置した場合

配置:public_html/○○○.biz/WordPress本体(ファイル群)

URL:○○○.biz/news/

 

※ドメインディレクトリとは「○○○.biz」のこと

※ルートディレクトリとは「public_html」のこと

 

というように、URLにwordpressが含まれるか含まれないかが決定されるのです。

 

WordPressのインストール方法の記事内でWordPressのダウンロードについて触れていますが、WordPress本体は公式サイトより圧縮ファイルの形態で配布されています。これを解凍すると「wordpress」ディレクトリが生成され、その中にWordPress本体(WordPressのファイル群)が格納されています。

 

 

①の場合は、ドメインディレクトリ「public_html/○○○.biz/」内でWordPressの圧縮ファイルを解凍し、wordpressディレクトリを生成することになります。そして、そのwordpressディレクトリ内部にWordPressのファイル群がある状態です。

wpfukusu01

 

 

 

②の場合は、ルートディレクトリ「public_html」内で直接WordPressの圧縮ファイルを解凍します。その後で、生成されたwordpressディレクトリを「○○○.biz」にリネーム(ディレクトリ名変更)することになります。結果、○○○.bizディレクトリ直下にWordPressファイル群が直接格納されている状態になります。

wpfukusu02

 

①と②のどちら共にメリット・デメリットがあります。

 

①では、URLにwordpressが含まれてしまいますが、ドメインディレクトリ「○○○.biz」を比較的自由に扱えます。例えば自分でindex.htmlファイルを用意し「○○○.biz」に配置すれば、http://○○○.biz/index.htmlをホームページとして扱うことも可能になります。②の方法を採用した場合はこれはできません。

 

②ではドメインディレクトリは自由に扱えなくなってしまいますが、URLからわずらわしいwordpressの文字列を排除することができます。①を採用した場合、wordpressが強制的にURLに含まれてしまいます。なお、複数ブログを「サブドメイン形式」で管理する場合もこの②配置となります。

 

どちらを採用するかは自身で判断してください。

 

 

WordPressインストール後の設定

WordPressのインストール方法を参考にして、①か②のいずれかの方法でインストールが完了したならば、いよいよマルチサイト機能の設定に入ります。

 

 

●マルチサイト機能の有効化

まずは、マルチサイト機能を有効化します。この作業は①、②共通です。 WordPressファイル群より「wp-config.php」ファイルを探して、以下の1行を追加してください。

 

define('WP_ALLOW_MULTISITE', true);

 

wpmult001

 

画像はTeraPadでの編集例です。追加位置は「編集が必要なのはここまでです!」と書かれているコメント位置よりも上ならばどこでも構いません。

 

 

●ネットワークの詳細設定画面

 

「wp-config.php」の編集後、WordPressの管理画面に再ログインすると、左メニューの「ツール」に「ネットワーク」という項目が追加されます。その項目をクリックすると①と②で異なる画面が表示されます。

 

①ドメインディレクトリに配置の場合には、複数ブログの「サブディレクトリ形式」での運用が強制される形になります。

 

wpmult002

 

②ルートディレクトリに配置の場合には、複数ブログの「サブドメイン形式」での運用か「サブディレクトリ形式」での運用かを選択することができます。今回は「サブドメイン形式」で運用する話をしていますので、下のサブディレクトリにチェックを入れてください。

 

wpmult0022

 

なお、「ネットワークのタイトル」や「管理者のメールアドレス」の部分は後からでも変更可能ですので適当に入力しておきましょう。

 

 

●ネットワークの詳細設定画面

 

「インストール」ボタンをクリックすると以下の画面に移動します。表示される内容は①、②で異なります。

 

①ドメインディレクトリに配置の場合

wpmlt031[1]

 

②ルートディレクトリに配置の場合

wpmlt031[3]

 

他にも異なる部分はありますが、それぞれのケースで画面の指示に従って作業を進めてください。以下に大まかな流れを示しておきます。参考にしてください。

 

 

1.「blogs.dir」ディレクトリの作成

「wp-content」ディレクトリ内に作成します。FTPクライアントソフトのFFFTPで「blogs.dir」ディレクトリを作成した場合、初期状態でパーミッションが「755」になっていますので、書き込み権限を付与のため「757」に変更します。パーミッションの変更方法はWordPressのインストール方法より該当項目をご参照ください。

 

2.「wp-config.php」への指定コードの貼り付け

再び登場の「wp-config.php」ファイルです。場所は「wordpress」ディレクトリ直下にありましたね。

作業は、指示に従ってコードを貼り付けるだけです。先に追加した1行コードの下あたりでいいんじゃないでしょうか。

 

wpmlt07

 

3.「.htaccess」への指定コードの貼り付け

「.htaccess」ファイルは初期状態では存在しませんので、自分で作成する必要があります。

「.htaccess」ファイル作成についてはWordPressのプラグインがインストールできない場合の対応

で軽く解説していますのでご参照ください。あとは指示に従ってコードを貼り付けてアップロードしてください。

 

4.再ログイン

しましょう。

 

最終確認

設定が成功していたら、左メニュー上部に「特権管理者」という項目が追加されます。

 

wpmlt090

 

以降はこの「特権管理者」→「サイト」より、複数のサイト(ブログ)を追加していくことができます。

以上で終了です。お疲れ様でした。

[ 2010/12/09 ] WordPress |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。