ホーム > スポンサー広告 > WordPressのプラグインがインストールできない場合の対応ホーム > WordPress > WordPressのプラグインがインストールできない場合の対応

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 |

WordPressのプラグインがインストールできない場合の対応

コアサーバなんかだと、PHPがセーフモードで動作してるため、プラグインの自動インストーラーが動作してくれません。そのため、PHPをCGIモードで動作させるように設定を変更する必要があります。

wpperr00

 

セーフモードによる制限と対処方法(WordPress日本語公式サイト)

XREA・CORESERVER.JP にて、PHP を CGIモードで動かすことにより対処したい場合、次の内容を書いた .htaccess ファイルを wp-admin/ ディレクトリに置きます。

 

「.htaccess」は拡張子を付けてはいけません。Windows上でファイルを新規作成しようとする場合、どうしても.txtなどの拡張子が付いてしまいますし勝手に削除することもできません。その場合は、サーバ上にアップロードした後でリネームして拡張子を削除してしまいましょう。

 

「.htaccess」に記述する内容は以下の通り。

# 画像・ファイルアップロード
<files async-upload.php>
AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php
</files>
# プラグイン・テーマ 新規インストール/アップグレード
<Files update.php>
AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php
</Files>
# 本体アップグレード
<Files update-core.php>
AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php
</Files>

 

プラグインの問題さえ解決すればよいのでしたら、真ん中の<Files update.php>~の部分だけでも構いませんが、ついでですので全部コピっちゃいましょう。

 

# の行はコメントです。削除して構いません。そのまま記述する場合は UTF-8 BOM なしで保存してください。

 

コメント部分はあっても無くても構いません。「UTF-8 BOM なし」というのは「.htaccess」ファイルを保存するときの文字コードを「UTF-8N」にせよということです。「.htaccess」ファイル作成の際には文字コードを指定できるテキストエディタをご使用ください。Terapadをオススメします。

 

TeraPadダウンロード(Vector)

 

ちなみに上記の設定は「WordPress 2.9.x 」の場合らしいのですが、「WordPress 3.0.2」でも同様の設定で問題なくプラグインのインストールができました

 

なお、類似のトラブルで「画像ファイルがアップロードできない」というケースがあります。これも同様にPHPがセーフモードで動作しているためですが、これは「.htaccess」ファイルを作成するだけでは解決しません。WordPressでファイルがアップロードできない場合の対策で詳しく解説していますのでご参照ください。

[ 2010/12/07 ] WordPress |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。