ホーム > スポンサー広告 > SSH経由でのWordPressダウンロード方法ホーム > WordPress > SSH経由でのWordPressダウンロード方法

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 |

SSH経由でのWordPressダウンロード方法

コアサーバーのようなSSH接続が許されているレンタルサーバーならば、FTP経由よりもSSH経由の方がWordPressのインストールは楽チンですので、今回はその方法を解説します。

sshwpdl

 

SSHクライアントの使い方については、コアサーバーとSSHで通信するにはをご覧ください。リンク先ではTera Term(テラターム)の使い方を解説していますが、PuTTY(プティー)やPoderosa(ポデローサ)などの他のSSHクライアントであっても使用方法はほとんど変りませんので、お好きなもので構いません。

 

では、いずれかのSSHクライアントを使用してレンタルサーバーに接続できた・・・という状態から話を進めたいと思います。ここまでのやり方は先のリンク先で解説しています。

 

今回私は、○○○.bizというドメインを新規取得しましたので、このドメインのディレクトリ直下にWordPressをダウンロードする例でお話しましょう。

 

まずは、ドメインに対応したディレクトリに移動しましょう。

 

コアサーバー(CORESERVER)などですと、ドメインの設定をすると自動的にそのドメインに対応したディレクトリが作成されるという機能がありますので、その場合はcdコマンドを利用して「目的のディレクトリに移動」するだけでOKです。

 

>cd public_html/○○○.biz

 

しかしもしご利用のレンタルサーバーでディレクトリを自動で用意してくれないのであれば、mkdirコマンドを使って、自分でディレクトリを用意する必要があります。

 

まず、public_htmlディレクトリに移動して

>cd public_html

目的のディレクトリを作成

>mkdir ○○○.biz

作成したディレクトリ「○○○.biz」に移動する

>cd ○○○.biz

 

以上でこれからWordPressをダウンロードするディレクトリへの移動が完了しました。

次に、WordPress本体をwgetコマンドを使ってサーバー上に直接「ダウンロード」します。このエントリーを書いた時点でのWordPress最新バージョンは「WordPress 3.0.2」であり、そのリンク先は「http://ja.wordpress.org/wordpress-3.0.2-ja.zip」ですが、最新バージョンのリンク先は以下の公式サイトよりご確認ください。

 

WordPress日本語公式サイト

 

現在の作業ディレクトリ「public_html/○○○.biz」上で以下のコマンドを入力してください。

 

>wget http://ja.wordpress.org/wordpress-3.0.2-ja.zip

 

これで、作業ディレクトリ上に「wordpress-3.0.2-ja.zip」がダウンロードされます。

次に、圧縮ファイルである「ZIPファイルを解凍」する必要がありますので、unzipコマンドを使って対象のファイルを解凍します。

 

>unzip wordpress-3.0.2-ja.zip

 

これで、ZIPファイルは解凍され作業ディレクトリ上に「wordpress」ディレクトリが出来ているはずです。念のため確認しておきましょう。「ファイル・ディレクトリの一覧表示」はlsコマンドです。

 

>ls

wordpress  wordpress-3.0.2-ja.zip

 

「wordpress」ディレクトリが作成されていれば成功です。なお、「wordpress-3.0.2-ja.zip」ファイルはもう役目を終えてしまいましたので削除してしまいましょう。「ファイルの削除」はrmコマンドを利用します。

 

>rm wordpress-3.0.2-ja.zip

 

以上で終了です。お疲れ様でした。

 

おまけ:

WordPress日本語公式サイトをのぞくと、zip形式以外にもtar.gz形式でもWordPressを配布しているのが分かります。実際、tar.gzの方がzipよりもファイルサイズが軽いので、tar.gz形式のWordPressをダウンロードする場合の説明もしておきます。

 

サーバーにダウンロードするところは同じですが、

>wget http://ja.wordpress.org/wordpress-3.0.2-ja.tar.gz

 

解凍するときにunzipコマンドではなくtarコマンドを利用します。

>tar xzvf wordpress-3.0.2-ja.tar.gz

 

なお「xzvf」というのはファイルを解凍するときに必要なオプションです。ちなみにtarコマンドでファイルを圧縮するときには「czvf」というオプションを付けます。解凍する時は「tar xzvf」で一つのコマンドと覚えておけばよいでしょう。

[ 2010/12/06 ] WordPress |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。