ホーム > スポンサー広告 > Twitterリンクは検索順位に影響を与えることが判明ホーム > SEO対策研究 > Twitterリンクは検索順位に影響を与えることが判明

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 |

Twitterリンクは検索順位に影響を与えることが判明

以前、Twitterリンクが検索順位に影響を与える可能性の話でnofollowが付いたTwitterリンクでも間接的に検索順位に影響を与える可能性があるという話をしましたが、GoogleとBingからの公式な結論がどうやら出たようです。

gbtwtter

 

判明!、Twitterからのリンクはランキングに影響していた(海外SEO情報ブログ)

Search Engine Landでダニー(Danny Sullivan)が、GoogleとBingに対してTwitterのリンクをどのように評価し、また通常のウェブ検索にどのように影響しているのか質問し、その回答を公開しています。

 

簡潔に言うと、GoogleもBingもTwitterのリンクをウェブ検索のランキング要因に取り入れています。条件の1つとして、ツイートを発したユーザーのオーソリティ度を見ています。

 

つまりPageRank(ページランク)的な考えとは別の要素としてTwitterリンクを評価しているということですね。で、その際ツイートを発したユーザーのオーソリティ(権威)度を見ていると。オーソリティというのは、どれだけその人が影響力があるのか?ということですね。

 

これはWebサイトやブログの世界でも同じことでしょう。影響力の高いブログからのリンクの方が、影響力の全く無いブログからのリンクよりも高く評価されるのは当然のことです。その際、オーソリティを計る要素の一つがWebサイトやブログの場合PageRankなわけです。

 

Q1) 記事がTwitterでたくさんリツイートされたり言及されたりしたら、結果的に自然にできてくるnofollowの付いていないリンクを発見するのとは別にして、(ランキングにかかわる)シグナルとして使うか?

 

Bing: ユーザーのソーシャル的なオーソリティをしっかり見ている。あなたが何人をフォローしているか、何人があなたをフォローしているか、 これが通常の検索結果に多少ウェイトを与える。Bing Social Search(※米国Bingでのみ公開されているソーシャル検索。こちらの記事を参照。)ではもっとずっとウェイトが大きい。関連性がもっとも高い結果を求められたときには、オーソリティがより高いユーザーのツイートがトップに出てくる。

 

Google: シグナルとして確かに使っている。オーガニック検索やニュース検索のランキングとして使われている。記事を何人が共有したかを記録することでニュースユニバーサルを強化するのにも用いている(※ソーシャル的に繋がりのあるユーザーの記事を“Shared By”として表示するベータ版の機能)。

nofollowリンクであるかとは別に評価すると両検索エンジンとも述べていますね。Twitterで言及されればそれだけ、検索結果に影響が出てくることがハッキリしました。

ただし、単に数さえ集まればよいというわけではなく、オーソリティの影響を受けます。

 

Q2) ツイートした人に割り当てられているTwitterページのオーソリティを算出しようとしているか? ツイートしたのが誰なのかを知ろうとしているか?

 

Bing: ツイートした人のオーソリティを算出している。公の人物や出版人に対しては、誰々がそうだとして結びつけている。

Google: 発言者のオーソリティを計算している。そのユーザーが現実社会で誰なのかは知らない(笑)。

 

Q3) ツイートした人によってリンクがより多くのウェイトを持つように計算しているか?

 

Bing: YES。  

Google: シグナルとして使っている。特にGoogleリアルタイム検索のトップリンクに対してはそうだ。発言者のオーソリティはPageRankとは無関係。ただし、通常のウェブ検索では限られた状況でしか用いられていない。

 

両検索エンジンとも何らかの方法でオーソリティ(権威・影響度)を算出しているようです。そして高いオーソリティを持つユーザからのツイートは、それだけ検索結果に与える影響も高いということになります。

 

Twitterからアクセスを呼び込むというのは、既に多くのブログで行われていることですが、そのSEO効果がこれで明らかになりましたので今後はTwitterによるSEOに注目が集まるかもしれません。そうなると当然心配になるのがスパムです。

 

記事中にも書いたように、リンク入りのツイートを単に大量にばらまけばいいということでは決してありません。誰がツイートしたかが問題になります。勘違いしてスパムツイートを連発しないでください。

と、海外SEO情報ブログの鈴木氏も述べていますが・・・絶対出ますよ、勘違いスパマーが。

 

コメントスパム・トラックバックスパムに変る新たな迷惑としてTwitterスパムが。アカウントの大量取得、プログラムによる大量ツイート。nofollowでも効果があるなら、スパム行為が有効だと勘違いする野郎どもがわんさかと。

 

GoogleとBingにはぜひ、Twitterスパムをやったらペナルティを与えるという公式発表をして頂きたいと思います。

[ 2010/12/03 ] SEO対策研究 |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。