ホーム > スポンサー広告 > アクセスアップを期待してzenbackを導入してみるホーム > 未分類 > アクセスアップを期待してzenbackを導入してみる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 |

アクセスアップを期待してzenbackを導入してみる

ブログ向けサービスであるzenback(ゼンバック)を当ブログでも導入してみました。

 

まだβテスト中なのですが、最近多くのブログでzenback貼られてるのを見かけますので、そんなに魅力的なものなのか?と少し興味をひかれました。

upzenback01

 

zenback公式サイト

zenbackはブログパーツです。ブログの記事の下や横に、「その記事に関係する自分のブログ記事」「その記事に関係する他のzenbackユーザーのブログ記事」「その記事についての最新のTwitterのつぶやき」「その記事についてのはてなブックマーク」「その記事の最新のアクセス元(リファラ)」を表示します。

これまでも、これらの機能を「個別」で提供するブログパーツは存在したのですが、まとめて表示してくれるサービスはzenbackが初めてではないでしょうか。

 

zenbackは記事下やサイドバーに貼り付けることができますが、私の調べた範囲では記事下に貼り付けているブログが多いように思えます。当ブログではサイドバーに貼り付けてみました。

 

upzenback02

 

現時点では、「ソーシャル・ボタン」「関連記事」「関連リンク」の項目を表示しています。なお、他サイトへのリンクである「関連リンク」の表示は強制です。それ以外の項目は以下のような管理ページでカスタマイズすることができます。

 

upzenback03

 

デフォルト設定が自分のブログのデザインに合わないという場合でも、CSSのカスタマイズも可能なので大丈夫です。

 

まだ、zenbackを貼り付けて数日しか経っていませんので、zenback経由でのアクセス流入を確認できておりませんが、これについては今後に期待したいと思います。ただ、他ブログのzenbackリンクに表示されるためには、このブログの記事数では足りないように思えます。

 

zenbackは新しい形の相互リンクと考えることができます。ただし、その単位はブログ対ブログではなく、ページ対ページです。必然的にエントリー(記事)数が多ければ多いほど被リンクを受ける機会は多くなります。そのため、「既に膨大な過去記事が存在するブログ」や「毎日記事を更新するブログ」には効果大のはず・・・です。

 

まだ関連記事・リンクの抽出精度に問題があるように思えますが、まだβテスト中ですし今後の改善に期待します。しばらくは様子見です。zenbackの効果については、データがたまり次第記事にしますのでお楽しみに。

[ 2010/12/02 ] 未分類 |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。