ホーム > スポンサー広告 > アドセンスのスマートプライシング(Smart Pricing)とはホーム > Googleアドセンス > アドセンスのスマートプライシング(Smart Pricing)とは

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 |

アドセンスのスマートプライシング(Smart Pricing)とは

アドセンス(Google Adsense)での収益を高くするための要素として多くのサイトで解説されていることがあります。それはPV(ページビュー)クリック率クリック単価です。

 

確かに多くの人がサイトに訪問してくれて、アドセンス広告を多くクリックしてくれて、そのクリック単価が高ければサイト運営者は多くの収入をえることが出来るでしょう。しかし、Googleでは意味の無い広告クリックは冷遇するという仕組みを採用しています。

 

今回は、アドセンス広告の信頼度を高めている仕組みの1つ、スマートプライシングについて解説します。

 

まずは、「スマートプライシングとは何か」について公式の説明をみてみましょう。

 

Smart Pricing とは(アドワーズ 広告 ヘルプ)

Google の Smart Pricing は、フル インターネット ブラウザ搭載のデスクトップと携帯端末の両方で Google ネットワークの特定のページの上限クリック単価を自動的に引き下げる機能です。

スマートプライシングとは、アドセンス広告の上限クリック単価引き下げに関する機能であると述べられています。

Google では常に Google ネットワークのデータを分析しており、これらのデータから、Google ネットワークのページでのクリックがビジネスの成果(オンラインでの売り上げ、登録、電話での問い合わせ、ニュースレターの購読申し込みなど)につながる可能性が低いと判断された場合は、そのサイトでの入札単価が引き下げられます。

「Google ネットワーク」というのは、アドセンス広告が表示されているWebサイトやブログのことです。広告はアドワーズ(Google AdWords)を通して、「Googleの検索結果」と「Google ネットワーク」の両方に表示されます。

 

アドワーズを利用している広告主は「検索結果」と「ネットワーク」それぞれでの広告表示回数やクリック率に関する情報を閲覧することができます。ただし、Googleネットワークのどのサイト・どのブログに広告を出すのかを指定することはできません

 

広告主の立場からすれば、広告がクリックされることで売り上げやユーザー登録など何らかの成果が得られることを期待して広告費を払っています。もし、何の成果も得られず広告費ばかりが掛かるようなら広告主はGoogleを利用しなくなることでしょう。

 

広告主自身が広告を表示するサイト・ブログを選択できない以上、何の成果も期待できないような質の低いサイトから広告主を守る仕組みがGoogleには必要だったのです。

 

スマートプライシングとは、広告成果の得られない質の低いサイトから広告主を保護する仕組みといえます。

 

ここで、スマートプライシングにより下げられる「上限クリック単価」とは何か確認しましょう。

 

上限クリック単価とは(アドワーズ 広告 ヘルプ)

上限クリック単価(CPC)とは、広告の 1 回のクリックに対してお支払いいただく金額の上限です。検索ネットワークでは、上限クリックが広告の掲載順位を決める要素の 1 つとなるため、上限クリック単価を引き上げると、広告の掲載順位を上げることができます。ディスプレイ ネットワークでは、上限クリック単価が、ターゲットに設定したプレースメントに広告が掲載されるかどうかを左右する主な要素となるため、上限クリック単価を引き上げると、広告が掲載される確率が高くなります。

アドセンス広告の掲載順位はオークション形式の入札競争になっています。

 

そのため広告を上位表示したければそれだけ高い金額を広告主は入札する必要があります。広告のクリック単価は広告主が固定額を指定することはできません。例えば、「1クリックあたり50円」のように広告主が勝手に決めることは出来ないのです。

 

しかし、「1クリックあたりの上限単価は50円」という指定は可能です。この場合、1クリック単価が35円の場合もあれば、20円の場合もある、43円の場合もあります。しかし、1クリックで51円以上を支払うことはありません

 

上限クリック単価を高く設定された広告は、それだけ「Google検索結果」と「Googleネットワーク」の双方に上位表示される可能性が高くなります。上限クリック単価とはそういう概念です。

 

ここで少し考えてみてください。

 

上限クリック単価の高い広告は、多くのGoogleネットワーク、つまりアドセンス広告を貼っている多くのサイトやブログに掲載されることになります。広告主はアドセンス広告を出来るだけ多くクリックしてもらいたいと考えています。従って、多くのサイトに広告が掲載され、たくさんクリックされることは基本的には広告主にとって嬉しいことです。

 

しかし、「広告が掲載されたサイトの質が低かった」としたらどうでしょう?

 

質の低いサイトとは、この場合広告主にとって無意味な広告クリックが多いサイトのことを指します。多くクリックされて多額の広告費を払っているのに、そのクリックが何の成果にもつながらないサイトのことです。

 

広告主にとってこれは大損です。

 

上限クリック単価を高く設定したのに、その結果広告が表示されたのは質の低いサイトばかりだった・・・なんてことになれば誰も高額の上限クリック単価を設定しなくなってしまいます。これでは、広告主・アドセンス広告掲載者の双方にとっての損失となってしまいます。

 

しかし、スマートプライシングという機能によりこの不幸は回避できます。

 

スマートプライシングは、質の低いサイトの上限クリック単価を引き下げる仕組みでしたね。

 

つまり、低質のサイトにはクリック単価の高い広告は表示されないのです。これは広告主を守るだけでなく、スパムサイトを放逐し、真っ当なサイト運営者を優遇する仕組みでもあります。

 

以上で話は終わりです。スマートプライシングという機能の概要はご理解頂けたのではないかと思います。また別の機会にスマートプライシングを味方につける「真っ当なサイトの作り方」についてお話します。お楽しみに。

[ 2010/11/27 ] Googleアドセンス |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。