ホーム > スポンサー広告 > Twitterリンクが検索順位に影響を与える可能性ホーム > SEO対策研究 > Twitterリンクが検索順位に影響を与える可能性

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 |

Twitterリンクが検索順位に影響を与える可能性

最近では訪問者獲得の方法としてTwitterを利用しているブログが増えてきています。

SEO(サーチエンジン最適化)の見地からは、Twitterのリンクにはnofollowが付くため検索順位に与える影響はないはずですが、「まったく無関係とも言いがたい」という話もちらほら出ているようです。
Twitterからのリンクでランキングは上がるのか?(海外SEO情報ブログ)

WebmasterWorldでは、リンクの入ったツイートをTwitterで2ヶ月間流し、それしかやっていないのにあるブログ記事の順位が4ページ目から2位まで上がったというレポートが報告されています。



nofollow属性を持つリンクが、ページランクや検索順位を決定する要素としてカウントされたんじゃ「何のためのnofollowだ」と文句を言いたくなりますが、この情報だけではTwitterのリンクが直接的な原因かどうかは判断しかねます。


またSEOmozの実験では、Twitterでリンクを流すことは「サイトのインデックス化率の向上やクロールされるまでの時間短縮に役立つ」と結論づけています。



この話が本当なら、「Googleのクローラーはnofollowリンクをたどる」って話になってしまいませんか?Googleのウェブマスターツールヘルプには以下のようなことが書かれています。


rel="nofollow" 属性について(ウェブマスター ツール ヘルプ)

nofollow が指定されたリンクの Google での処理

通常、Google は、これらのリンクをたどりません。つまり、これらのリンクの PageRank やアンカー テキストは転送されません。基本的に、nofollow を使用すると、Google のウェブ全体の図式からリンクを除外することになります。


ここでの「リンクをたどらない」というのはGoogleのロボットがクロールしないという意味です。クロールされないのですから、単純に考えて「サイトのインデックス化率の向上やクロールされるまでの時間短縮に役立つ」はずがありません。これはどういうことでしょうか?



実はこのヘルプにはもう少し続きがあります。

ただし、他のサイトが nofollow を使用せずにリンクしている場合や、Google に送信されたサイトマップに URL が含まれている場合は、リンク先のページは引き続き Google のインデックスに登録されます。



は?これはどういうことでしょう?


自分のサイトでnofollowを付けていても、他のサイトでそのリンクに対しnofollowが付けられていたらGoogleのロボットは無視しないって言ってるのコレ?


字面どおりの意味ならば、サイト運営者がそれはnofollowリンクだと言っても、それをnofollowリンクとして扱うか否かは結局のところGoogle次第であるということになります。


ならば、先の出た「Twitterリンクがインデックス化率向上に役立つうんぬん」の話は、勘違い思い違いの話ではなく、十分に真実味のある話だと考えられます。



また、海外SEO情報ブログには以下のような記述もあります。

ツイートを自動的に収集し、リンクが含まれていればnofollowが付かない通常のリンクにして、コンテンツとして公開するツールがあります。
このような仕組みを利用したサイトがたくさん存在すれば、間接的にTwitterでのリンクがインデックスやランキングに影響を及ぼすことは考えられます。



Twitterを利用した自動サイトも最近多いですからね。このようなサイトの中には、Twitterリンクをnofollow抜きで公開しているところも少なくありません。ならば、「間接的にTwitterでのリンクがインデックスやランキングに影響を及ぼす」というのは間違っていません。


また、他のサイトが nofollow を使用せずにリンクをしていれば、自サイトのnofollow付きリンクはnofollow無しとしてGoogleロボットに認識される可能性があることからも、Twitterリンクが直接的・間接的に検索順位に影響を与える可能性は十分にあるといえます

追記:影響があることが確定しました。
Twitterリンクは検索順位に影響を与えることが判明
[ 2010/11/26 ] SEO対策研究 |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。