ホーム > スポンサー広告 > Googleアドセンスのサイト運営者の取り分は68%ホーム > Googleアドセンス > Googleアドセンスのサイト運営者の取り分は68%

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 |

Googleアドセンスのサイト運営者の取り分は68%

4ヶ月ほど前に発表された内容なので、既にご存知の方も多いと思いますが、私は知りませんでした。
今日知りました。

AdSense の収益分配について(AdSense公式ブログ)

Googleが提供するアドセンスプロダクトには以下のものがありますが、収益分配率が公開されたのは「コンテンツ向け」と「検索向け」の2つです。

・コンテンツ向け (公開:68%
・検索向け (公開:51%
・フィード向け (非公開)
・ゲーム向け (非公開)
・モバイルアプリケーション向け (非公開)

大多数の AdSense を利用されているサイト運営者様は、コンテンツ向け AdSense をご利用いただいています。このコンテンツ向け AdSense をご利用いただいている世界中の AdSense 運営者様は、コンテンツ向け AdSense の収益の 68% を受け取られています。



アドセンス広告を貼っているブログで最も利用されているのが、「コンテンツ向け」AdSenseですね。このブログのサイドバーや記事下に貼られている広告も「コンテンツ向け」です。

サイト運営者側の取り分が68%ということは、Google側の取り分は32%ということです。

印象はそれぞれと思いますが、私はかなり良心的な比率だと思います。


検索向け AdSense をご利用いただいているサイト運営者様の場合、収益の 51% を国を問わず分配させていただいています。



グーグルの検索機能を利用する分だけ「コンテンツ向け」よりは比率ダウンというところでしょうか。それでも半分以上ですからまぁまぁかな・・・と。


Google では、今回の発表で透明性を高めることにより、Google とのビジネスにおけるパートナーシップについての皆様の理解が一層深まるお手伝いができればと考えております。



この件のGoogleの情報公開は非常に英断だったと思います。透明性は信頼性につながり、この情報公開によりGoogle社は多くの信頼を獲得するでしょう。

他のマイクロアドやアドパートナー等のPPC広告では現在も非公開です。情報を公開すべきだと思いますが、おそらく公開は無理でしょう。だって間違いなくボッタくってるんですから。

Google AdSense は、2003 年のコンテンツ向け AdSense 開始以来、この収益の分配率を保ち続けています。
検索向け AdSense を開始した 2005 年以降、この収益の分配率は変わっていません。



情報公開以前も、収益の分配率はずっと同じだったという部分は重要です。自社の業績に応じてコロコロと比率を変えるようでは話になりません。そして、今なお情報を公開しないマイクロアドやアドパートナーは今後もこの疑惑を持たれ続けることになります。

また Google AdSense は、フィード向け AdSense やゲーム向け AdSense、そしてモバイル アプリケーション向け AdSense などその他のプロダクトも提供しております。これらのプロダクトはまだまだ発展途上にあり、これらに関する費用は引き続き研究中のため、今回の発表では、これらのプロダクトの収益の分配率は含まれません。



他のプロダクトについては現在研究中のため公開できないという部分が残念ですが、今後に期待しましょう。少なくとも「コンテンツ向け」の収益分配率を公開してくれただけでも、私のGoogleへの期待と信頼はうなぎ上りです。

検索エンジンはBingのはずでは?Yahoo! JAPANがGoogleと提携の話が出たときには、国内でのGoogleのシェアが伸びすぎることについて多くの懸念を抱いていたのですが、情報公開を適切に行う会社であるならばその懸念も多少やわらぐというものです。

Googleには今後も透明性を確保する努力をぜひ継続して頂きたい。
[ 2010/09/26 ] Googleアドセンス |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。