ホーム > スポンサー広告 > Googleのエイジングフィルタとは?ホーム > SEO対策研究 > Googleのエイジングフィルタとは?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 |

Googleのエイジングフィルタとは?

検索エンジンの中でもGoogleに特化した内容になりますが、新規のサイト・ブログはGoogleの検索結果上位に表示されにくいという話です。

Google「エイジングフィルタ」との付き合い方(japan.internet.com)
http://japan.internet.com/busnews/20060425/8.html

新規に取得したドメインで Web サイトを立ち上げても、最初の一定期間(おおよそ6ヶ月)は適切な SEO を実施しても Google に上位表示されない、これは SEO 業界にて「エイジングフィルタ(Aging filter)」※と呼ばれている現象だ。


前回のページランクとリンクの関係の記事にあるように、GoogleではWebサイトの重要度をPageRank(ページランク)という指標で判断しています。PageRankは基本的に被リンクの多さに比例して高くなり、PageRankの高いサイトほど検索結果の上位に表示されるようになります。

悪意あるWebサイト制作者は、作ったばかりのサイトにPageRank1以上のサイトからのリンクを大量に貼ります。そうすると、新規に作ったばかりの質の低いサイトを検索結果の上位に表示することが可能となるのです。
(ちなみにPageRank0のWebページから大量に被リンクされても、そのサイトのPageRankに影響はありません)

これが許されると、悪意ある一部の人達によりPageRankの高いサイト・ブログが大量生成されることになり、それらで検索上位が独占されてしまうことになります。そこでエイジングフィルタにより、新規サイトは時間の洗礼を受けるべきだという考えが生まれたわけですね。

具体例として、Google Analyticsでエイジングフィルタの現象らしき結果が現れたことを報告している記事がありましたので紹介します。


Googleエイジングフィルタ?を勝手に総括(SEO もっと!)
http://www.seo-motto.com/news/seomotto-agingfilter.html


GoogleとYahooからのトラフィックの推移が示されていますが、確かに明確な違いが見受けられます。フィルタ解除まで6~7ヶ月といったところですね・・・これはやはり長い。

記事中に、すべてのサイトが対象になるわけではないともありますので、Googleとしては対象とするサイトとそうでないものを何らかの基準で区別しているのかもしれません。

事実、新規に立ち上げたブログが上位に表示されたという例も上がっています。


実録 新設サイトでも3週間で上位表示 エイジングフィルターって存在する?(SEO塾)
http://www.algoritmi.jp/seo/20080909225758.html


興味深い結果です。先ほどの(SEO もっと!)さんの記事にもありましたが、エイジングフィルタが適用されるサイトに条件があることの1例かも知れません。

それからもう1つ考えられるとすると、エイジングフィルタはキーワードと関係しているのではないかということです。つまり、ビッグキーワードの検索には適用されるが、マイナーキーワードの場合は適用されないなどです。


何にしてもエイジングフィルタの仕組みは公式に発表されていませんので、Webサイト制作者はエイジングフィルタは基本的には適用されるものと考えておいた方がよさそうです。

関連記事:Googleハネムーンとは?
[ 2010/01/22 ] SEO対策研究 |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。