ホーム > スポンサー広告 > yahooアドパートナーが酷すぎる件についてホーム > アフィリエイト > yahooアドパートナーが酷すぎる件について

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 |

yahooアドパートナーが酷すぎる件について

以前、ジオシティーズの良い点・悪い点の話をしたときに、ジオシティーズを利用する場合は有料サービスであってもGoogleアドセンスやマイクロアドなどのPPCは使えないけど、Yahooアドパートナーは利用できるっぽいので試してみようかな~という話をしました。

実は、既に試していて半年が経過しました。

その結果として、Yahooアドパートナーがあまりにも使えないということが判明しましたので、今回はその話をします。
Yahooアドパートナーとは、GoogleアドセンスのようなPPC広告の一つです。

PPC広告というのは広告をクリックされる度に報酬を得られるというクリック報酬型の広告で、売り上げがあってはじめて報酬が得られるAmazonや楽天の成果報酬型とは区別されています。

基本的にクリックされるだけでお小遣いをGETできるので、ブロガーやサイト運営者に大人気な訳です。おかげで、広告まみれの質の低いブログが大量生成される元凶でもありますが・・・。


Yahooアドパートナーはサービス開始以前は、Yahoo版アドセンスとして大変期待されていたのですが、いざサービスが始まってみるとあまりのその質の低さに失望の声が絶えないというオチが待ち受けていました。

とは言え、我がWebアクセス向上委員会としては、試してもいないのに文句を言うわけにはいきませんから本当に使い物にならないのか検証をしていたのです。結果、使い物にならなかったんですけどね!


問題点は2つ。「コンテンツマッチ」と「単価」です。


まずは、アドパートナーがいかにコンテンツ(内容)と無関係な広告を掲載するかを見て頂きましょう。

badyahooad01.png


Javaの講座ページに掲載したアドパートナーのありさまです。プログラミングの内容を扱っているにも関わらずそこに掲載された広告は「豊かな老後」だとか「ポッコリに悩む」など、全く無関係の内容ばかり。

コンテンツマッチの欠片も感じられません。


コンテンツマッチの最強のアドセンスと比較してみてください。当ブログにはGoogleアドセンスを貼っていますがそのコンテンツマッチの見事さたるや感動を禁じえません。

ブログの各記事毎に内容にマッチングした広告が掲載されるので、広告がコンテンツの妨害になりません。それどころか、見事にコンテンツマッチした広告というのは、ブログの内容を補強する役割も演じてくれます。まさにコレこそがアドセンス最強と言われる所以ですね。


Yahooはアドパートナーに全く力を入れていないように思えます。こんな中途半端なサービスなら、いっそスッパリ終了してくれた方が事業の選択・集中的にも宜しいかと思います。



コンテンツにマッチしない広告は、クリック率の低さという形で表れます。


badyahooad02.png

「クリック率0.04」というのはかなり低いです。

広告が1万回表示されて4クリックというレベルですからね。

この「クリック率」の時点でアドパートナーが使いものにならない酷さであることは明らかですが、それ以上に「クリック単価」の低さの方が問題です。

クリック数27で、予定報酬63.75円。

1クリックあたり2円~3円という驚愕の低さ。


低すぎる・・・マイクロアドでも、もうちょっと高いよ・・・


もうコレは外すしかありません。


広告というは、貼り付けているだけでページを重くし、読み込み速度を落とします。Googleは検索順位の決定にページの読み込み速度を考慮することを明言していますので、メリットの無い広告は掲載しているだけでダメージを受けます。

たかだか数十円の報酬のために、検索順位の落ちるリスクを得るのでは割に合いません。
講座サイトからは即行でyahooアドパートナーを除去しようと思います。
[ 2010/09/16 ] アフィリエイト |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。