ホーム > スポンサー広告 > 大手ブログの話題記事にトラックバックしたてん末ホーム > アクセスアップ実験(当ブログ編) > 大手ブログの話題記事にトラックバックしたてん末

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 |

大手ブログの話題記事にトラックバックしたてん末

Webアクセス向上委員会のブログを立ち上げてから気づけば8ヶ月が経ちますが、未だにそのアクセス数は微々たるものであり、1日あたりの平均PV(ページビュー)は50を下回ります。

3サイトの合計月間PV10万を目指すという目標を定めてみたものの、その道のりは険しそうだということが分かり、単純に記事を増やすだけでは実現が困難なため、何か効果的な方法はないかと模索していました。

そんな時、タイミングよく大手ブログのある記事がネット上で話題になっていたので、当ブログでもその話題に飛びついてトラックバックしてみた訳です。

結論としては、「一時的なアクセス増はあったものの、すぐ元に戻っちゃった」でした。

今回トラックバックした大手ブログというのはGIGAZINEのことです。

話題となった記事は、GIGAZINEの内部事情が少々暴露されたものだったのですが、その記事に対し当ブログでは合計で4本ほど記事を書きました。

GIGAZINEが抱えるブログ運営の問題点 (08/04)
GIGAZINEの上司と部下の間にある溝 (08/04)
GIGAZINE編集長のいうプロフェッショナルとは? (08/04)
何故GIGAZINEはいつまでも赤字なのか? (08/06)


GIGAZINEに対してトラックバックを送ったのは、最初の記事からのみです。

関連記事だからといって、トラックバックを過剰に送るのはマナー違反です。あまり度が過ぎるとスパム行為と判断されかねませんし、読者の立場からしても気分のよいものではありません。私自身、コメントスパムやトラックバックスパムには頭を悩まされた経験がありますので、マナー違反は避けたいところです。

4つの記事のうち、3つは8月4日に書きました。最後の1本は私のなまけ者の性格が災いして2日遅れとなってしまいました。そのため、今回のアクセス向上に実質的に貢献したのは上の3つのみとなります。


それでは実際に「トラックバック経由でどの程度のアクセスがあったのか」の結果をGoogle Analyticsで確認しましょう。

ootetraba01.png


8月4日のGIGAZINEからのセッションは200ジャストです

さすが大手ブログの話題記事であっただけあって、なかなかのアクセス数です。

人によっては、「大手の話題記事でたったの200かよ」という感想を持たれる方もおられると思います。ただ、人気記事はそれだけトラックバック数も多いですから、1日で200セッションというのは中々のアクセス数だと個人的には思います。

ただし、2日目以降の急落ぶりが残念すぎです。

たったの1日で1/3~1/4程度のセッションになってしまっています。これは、元記事自身へのアクセス数が日々減少しているというのもありますが、新しいトラックバックが増えて、当ブログからのトラックバックがその中に埋もれてしまったのが大きな理由であろうと思います。


そして3日後には、GIGAZINEからのアクセスはほぼ無くなっています



次にトラックバック経由で来た訪問者の動向を確認しましょう。

ootetraba02.png


セッション当たりの閲覧ページ数が2を超えているというのは嬉しい限りです。
あと、平均サイト滞在時間が4分を超えているのも嬉しいです。

実際、記事書くのにすごく時間が掛かってるんですよ。

本来、ブログの1記事あたりの文章量は一定以下に抑えるべきで、私のようにだらだらと長文を書くべきではありません。あまり長い記事だと、読者は少しスクロールしただけでウンザリして帰ってしまいます。

今回もそんなウンザリ文章の典型だった訳ですが、このデータを見る限り長文に付き合ってくれた読者が思っていた以上にいたことが分かります。Webページを開きっぱなしにして放置するケースが多かった結果こうなった・・・という可能性も無くはありませんが考えないことにします。


最後に、ページビュー(PV)の確認をしましょう。

ootetraba03.png

8月4日のPVが542と大きく抜きん出ていることが分かります。
その後急激に減少し、結局もとの木阿弥に。

長期的なアクセス向上という観点からは、話題記事に安易に飛びつくよりも、自身のブログのテーマと密接なサイトの記事にコツコツとトラックバックし続ける方が、結果的にアクセス増が見込めるかもしれません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。