ホーム > スポンサー広告 > 無料ブログで他人の巻き添えをくらうリスクホーム > SEO対策研究 > 無料ブログで他人の巻き添えをくらうリスク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 |

無料ブログで他人の巻き添えをくらうリスク

先日アドセンスが突然表示されなくなるというトラブルに見舞われました。

アドセンスが突然表示されなくなった件

その対策を調べているときに、FC2ブログのいくつかのサブドメインがアドセンスからの一括規制をくらっているという情報を得ました。現在は無事回復したようなのですが、1~2ヶ月ほどアドセンスが表示されない方もいたそうです。

そこで今回、アドセンスに限らず無料ブログを利用することのリスク、つまり独自ドメインを持たないことの問題点を考えてみたいと思います。
ちなみにFC2規制の件は、以下のフォーラムに多くの投稿が寄せられています。

AdSenceが突然表示されなくなりました(アドセンス ヘルプフォーラム)


規制対象となったサブドメインは以下のとおりです。

blog19.fc2.com
blog29.fc2.com
blog38.fc2.com
blog48.fc2.com
blog52.fc2.com
blog53.fc2.com
blog89.fc2.com
blog90.fc2.com
blog113.fc2.com

当ブログもFC2を利用していますが、「blog13.fc2.com」ですので対象外でした。

FC2で無料ブログを作成した場合は、「aaaa.blog13.fc2.com」「bbbb.blog13.fc2.com」のように自分のサブドメインが設定されます。ちなみに「blog19」だとか「blog89」とかいった部分は自由に選ぶことはできません

当ブログの場合はブログIDが「webaccess」ですので、「webaccess.blog13.fc2.com」というサブドメインになります。当然、「blog13」という部分は勝手に決まりました。

FC2に関わらず、どの無料ブログも仕組みは似たり寄ったりって感じです。


無料ブログの困った点の一つが、サブドメインの一つが馬鹿をやった場合、他のサブドメインまで道連れにされる危険性があることです。


これはアドセンス一括規制だけではありません。例えば、「blog13.fc2.com」にサブドメインを持つ「spamsite.blog13.fc2.com」なんてのがあったとして、このサイトがとんでもないスパムサイト(迷惑サイト)だったとしましょう。

その場合、GoogleやYahooなどの検索エンジンは「spamsite.blog13.fc2.com」をスパム判定し、該当ドメインの検索順位を大きく引き下げます。最悪、インデックスから削除して検索結果から完全に除外されてしまいます。

この時、「spamsite.blog13.fc2.com」だけに制裁を加えてくれるのであれば素晴らしい話なのですが、「blog13.fc2.com」にまでその影響が飛び火することがあります。その場合、私の「webaccess.blog13.fc2.com」も被害を食います。事と次第によっては「fc2.com」全体が対象となってしまうこともあるでしょう。


このようなことが起こる理由の一つには、複数のサブドメインも含め、ドメイン所有者が同一人物、あるいは同一会社である可能性があるためです。その場合、一つのサブドメインを規制しても、他のサブドメインでもスパムサイトを作っている可能性があります。大体にしてスパマー(スパムサイトを作っている馬鹿)は、一つのドメインから複数のサブドメインを作り、数十数百のスパムサイトを作っているものです。


そうなると検索エンジン側としては、問題のありそうなサブドメインはある程度一括して処理しなければ問題は解決しないということになります。


これは個人の場合だけでなく、FC2のような大手のブログサービスプロバイダーである場合も例外ではありません。FC2が不特定多数にブログサービスを提供していることは、Googleなども分かっています。しかし、スパムサイトが作られるということは、FC2の管理が不十分であるということであり、そのような管理不十分なサブドメインは一括して制裁対象にせざるを得ないという理屈になります。


以前、日本のブログの4割はスパムブログ?の話をした時に、

スパムサイトは発見次第サーバーなりプロバイダーなりに通報してやると良いでしょう。


と言いましたが、その理由の一つがまさにコレ。迷惑サイトの放置は回りまわって自分に跳ね返ってくる場合があるのです。


無料ブログを提供しているところは、その会社ごとに「利用規約」があります。無料ブログを利用している人は全員がその利用規約に同意しています。そして、その利用規約に違反しているサイトを発見した場合、その運営会社に報告すれば対応してくれるはずです。


とは言え、現実問題として無料ブログサービスを利用して作成されているブログの数というのは、それこそ星の数のように膨大にある訳で、その全てを・・・という訳には残念ながらいきません。

つまり、無料ブログを利用している以上、あなたのサイトが他人の巻き添えをくらうリスクは常にあるわけで、それを考えると独自ドメインを持つことは大きな意味があると言えます。
[ 2010/08/02 ] SEO対策研究 |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。