ホーム > スポンサー広告 > 検索エンジンはBingのはずでは?Yahoo! JAPANがGoogleと提携ホーム > SEO対策研究 > 検索エンジンはBingのはずでは?Yahoo! JAPANがGoogleと提携

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 |

検索エンジンはBingのはずでは?Yahoo! JAPANがGoogleと提携

かなり大きいニュースが飛び込んできました。

Yahoo! JAPANは当初、検索エンジンにBingを採用するはずでして、私もこれはもう確定した話だと信じて疑っていませんでした。実際、米YahooはBingの本稼動にむけ淡々と準備を進めているのです。そんな中のいきなりのこのニュース。まさに寝耳に水とはこのことです。
7月27日の段階で既にYahooからプレスリリースが出てますね。あと、Googleの公式ブログでも同日発表しています。


Yahoo! JAPANプレスリリース
Yahoo! JAPAN のより良い検索と広告サービスのために(Google Blog)

あと、今回のニュースの情報整理のために以下のサイトをご参照ください。

日Yahoo!が米Googleと提携 ― これだけ押さえておけばいい重要ポイントまとめ(海外SEO情報ブログ)
ヤフーとグーグルが提携、アルゴリズム検索技術にGoogleを採用(SEMリサーチ)


個人的な気分としては、検索サービスのコアがGoogleに一本化されることで、「Googleではこうだけど、Yahooでは違うし・・・」といった事に悩まされることが減るであろうと期待できますので嬉しいっちゃ嬉しいです。むしろ、Bingには何故か私のサイトはあまりインデックスされなかったので、YahooがBing採用という話を知った時にはちょっとした絶望感も味わっていました。


Googleの検索エンジンとしての性能は申し分ないのですが、今回の件で日本の検索エンジンビジネスの9割のシェアをGoogle1社に持っていかれることになります。


日本では検索情報がGoogle1社に独占されることになります


つまり、Google検索エンジンに嫌われたら、もうアウトってことです。

これまでは、運営サイトのGoogleでの検索順位が落ちても、「Yahooからのアクセスは十分あるしまぁいいか」という気楽な面もあったのですが、これからはGoogleに嫌われたらもうアウト、Yahooでの順位も連動して下がることでしょう。



この件について公正取引委員会はどう考えているのでしょう。


Yahoo!JAPANとGoogleの検索提携に異論 公取委は「監視続ける」(ITmedia)

 松山隆英事務総長は28日の定例会見で、「検索サービスを独立した会社として、顧客データなどを完全に分離した運営をするならただちに問題にならない」と指摘。独禁法上の問題はないとの認識を示した。

 しかし、「競争状況や市場環境が変われば、判断が変わることは十分ある。監視、フォローしていく」と語り、影響を注視していく姿勢を示した。同委によると、他社から「競争阻害」などの申し立てがあれば、独禁法上の審査を行う可能性もあるという。




個人的にはGoogle採用で嬉しい気分なのですが、市場の健全性という立場からはとても喜べる状態ではありません。市場が健全であるということは、適度な競争が起こっているということです。


今回の件が問題なくスムーズに確定してしまったら、日本の検索ビジネスに参入しようという企業は出てくるんですか?むしろ撤退の方向に動きかねません。これまでGoogleへ対抗する検索エンジンは、YahooのYST(Yahoo! Search Technology)だった訳ですが、このYSTが撤退した上にGoogle採用で、国内ではほとんど利用者のいないMSNのBingが一人ぼっちで残された状態です。


というかBingなんてつい先日正式サービスが始まったばかりではないですか・・・

Bing日本 正式版、7月13日公開決定(海外SEO情報ブログ)


本来ならYahooと提携して華やかな出航となるはずが・・・。
[ 2010/07/30 ] SEO対策研究 |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。