ホーム > スポンサー広告 > 楽天アフィリエイトの破棄率ホーム > アフィリエイト > 楽天アフィリエイトの破棄率

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 |

楽天アフィリエイトの破棄率

3ヶ月ほど前に、楽天アフィリエイトで初めて成果報酬が発生したよのところで42円の初めての成果報酬が発生してうかれておりましたが、あれ・・・見事に破棄されました

破棄・・・つまり無かったことにされたということです。

そこで今回、データの母数は少ないですが楽天アフィリエイトの破棄率を公開したいと思います。
まず、楽天アフィリエイトに登録すると、「成果レポート」と「確定レポート」が閲覧できるようになります。

rakurepo04.png

自分のサイトに貼った広告経由で商品・サービスが購入されると成果報酬としてすぐにこの成果レポートに反映されます。しかし、この成果レポートで見れる情報は、実は未確定の成果報酬なのです。未確定成果報酬が正式に確定し、確定レポートに反映されるには約2ヶ月ほど待たねばなりません。

そして未確定の成果報酬は確定されない場合があり、その場合報酬は破棄されるのです。


では、どのような場合に成果報酬は破棄されてしまうのでしょうか?
楽天のヘルプには以下のように明記されています。


Q確定レポートに「破棄」とありますが、その意味と理由を教えてください。(楽天ヘルプページ)

・自己購入(一部のサービスを除く)
・注文のキャンセル
・スーパーオークション入札後落札できなかった成果または自動入札により落札された成果
・楽天オークション(スーパーオークション除く)において落札者が取引開始手続きを行った後、取引完了に至らなかった場合
・楽天アフィリエイト以外のアフィリエイトサービスの情報が有効となった場合


キャンセルやオークション取り消しなどが主な理由のようです。


では本題の、楽天アフィリエイトの破棄率は実際のところどんなもんか見てみましょう。

先にも述べましたがデータはたった7件ですので統計上有意なものではありませんが、「こんなもんかぁ」という感覚を得ることはできるでしょう。

rakurepo01.png

rakurepo02.png

rakurepo03.png

全7件中2件が破棄されています。

破棄率は約29%、おおよそ3割です。


個人的には、大体予想していたのと同じくらいです。A8経由で楽天アフィリエイトをしている方の破棄率はもっと高いそうですが、それは以下の理由によるものです。

A8のCookieは楽天Cookieとは別に管理されおり、成果を確定するときにA8のCookieと楽天Cookieの両方が有効であった場合、楽天Cookieの方が優先される仕組みになっています。

楽天Cookieは1ヶ月間有効であり、もし期間中に他者の楽天広告がクリックされた場合は、自分の楽天Cookieは無効となります。そして成果レポートはこのことを反映した結果を表示しています。

しかしA8経由の場合は事情が異なり、有効なA8のCookieで購入された商品の成果が、本当に自分の広告がクリックされたことによる成果なのかは楽天の成果確定を待たねばなりません。何故なら例えA8のCookieは有効であっても、他に有効な楽天Cookieが存在するとそちらが優先されてしまうためです。

そのため、A8経由の楽天アフィリエイトの場合、本来より多めに未確定分がレポートに反映される結果、破棄率も高くなってしまうのです。


破棄が多いとガッカリするので、楽天アフィリはA8経由ではなく直接楽天に登録して行うことをオススメします。
[ 2010/07/11 ] アフィリエイト |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。