ホーム > スポンサー広告 > コアサーバーでのドメイン設定方法ホーム > レンタルサーバー > コアサーバーでのドメイン設定方法

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 |

コアサーバーでのドメイン設定方法

コアサーバー(CORESERVER)は格安で自由度も高いレンタルサーバーではありますが、運用が少々難しいと言われています。まず最初に初心者がつまずくであろうポイントは独自ドメインの設定ではないかと思います。

実際にムームードメインお名前.comで取得したドメインをコアサーバーに設定してみましたが、FC2レンタルサーバーLiteにドメイン設定をする場合と比べるとやや面倒に感じました。

コアサーバーは、同じ運営会社であるバリュードメイン(VALUE-DOMAIN)で独自ドメインを取得すれば設定も簡単に済みますが、他社で取得したドメインを利用したいという方も多くいると思いますので、DNS等の設定手順を解説します。


まずはドメインを取得した会社(レジストラ)のネームサーバ(DNSサーバ)設定を変更する必要があります。

コアサーバー利用する場合、同じ会社の管理するバリュードメインのネームサーバーを利用することになります。設定方法はムームードメインとお名前.com共に共通です。ネームサーバの1~3の項目に以下の入力をしてください。

ns1.value-domain.com
ns2.value-domain.com
ns3.value-domain.com


ムームードメインの場合、「コントロールパネル」のドメイン詳細より「ネームサーバ設定変更」のページへ移動し以下のように入力してください。

cs01.png


お名前.comの場合、「ドメインNavi」よりネームサーバー情報変更ページへ飛び、「ネームサーバー情報を入力する」のラジオボタンにチェックを入れると以下のような画面があらわれますので、3項目を入力してください。

cs06.png

以上でレジストラ側の設定は終了です。



次にコアサーバー・バリュードメイン側の設定に移ります。

バリュードメインサイトの「ユーザーコントロールパネル」より「無料ネームサーバー管理」部分の設定を行います。

cs03.png


まずは「他社で取得されたドメインの新規管理」をクリックしてください。すると以下のような「無料ネームサーバー作成」というページに飛びます。このページで取得したドメインをwwwなどのホスト名を抜いて入力してください。ちなみに今回、私は「pcinfo.org」というドメインを新規に取得しましたのでそれを指定するサンプルをしめしています。

cs02.png


次に「DNS情報の変更」をクリックし以下のページへ飛んでください。

cs04.png  cs07.png

自動設定の項目部分にあるドロップダウンリストから自分の契約したサーバーを選択すれば、上の設定フィールドのテキストエリアに必要な内容が自動で入力されます。終わったら「保存する」をクリックしましょう。



最後にコアサーバーサイトのコントロールパネルより「ドメインウェブ」をクリックし以下のページへ飛んでください。


cs05.png


URLにwww付きとwww無しのサイトが独立して存在するという状況は望ましくないためどちらかに統一します。私の場合はURLはhttp;//pcinfo.org/に統一したいと考えていますので、http;//www.pcinfo.org/へアクセスがあった場合にはhttp;//pcinfo.org/に転送されるように設定しました。

この場合、www.pcinfo.orgのNoDirのチェックボックスにチェックを入れることで、余計なアップロード先ディレクトリが作成されるのを防ぐことができます。


なお、ネームサーバーの設定は時間が掛かる(1日・2日掛かったりする)ものなので、設定が完了していない状態だと以下のようなエラーがでる場合があります。

「pcinfo.org」のIPアドレス「***.***.***.***」は当サーバーのIPアドレス「***.***.***.***」と一致しません。



その場合、チェックボックスの「強制」にチェックを入れると解決します。
[ 2010/07/06 ] レンタルサーバー |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。