ホーム > スポンサー広告 > ブログ100個でぼろ儲け?ホーム > 未分類 > ブログ100個でぼろ儲け?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 |

ブログ100個でぼろ儲け?

「はてな」にブログの大量生成で月30万以上儲かったという記事があったので、内容の真偽は別にして本当にその方法で儲けることは可能なのかを考えてみたいと思います。
100個のブログを作った。
http://anond.hatelabo.jp/20090104095032

ネットで稼いでみよう、ブログを100個作って、広告を載せまくって、全てのブログを相互リンクしていったら、人が来てお金になるんじゃないかな、と思ったのだ。



これらがスパムブログかどうかは別にして、ブログ大量生成で稼ぐという発想は昔からありますし、現在でも実践しているアフィリエイトスクールも存在するようです。即物的すぎるとも思いますが、発想自体は悪いものとは思えません。

ブログが100個っていうと、更新が大変のように思えるかもしれないけれど、そんなことはない。1つのブログ更新を10分でしたとして、1時間で6個。10時間あれば60個。



ブログ大量生成の困難さは、まさにこの更新が大変である問題に尽きます。記事には1ブログ10分とありますが、可能なんでしょうか?これは。まず私のこのブログ「Webアクセス向上委員会」ですけど、1つの記事を更新するのに軽く平均1時間以上掛かっています。1つの記事を書くためには、タイピングの時間以外にも調べる時間が必要となりますので1時間くらいは当たり前のように掛かります。記事の内容次第では3時間を越えることも・・・。

10分で1記事更新というレベルは、慣れの問題ではありません。

当然、1記事あたりの情報量は少なくならざるをえず、情報の質も低いものしか作れません。情報量多く・質もそれなりだとすると、可能性としてはコピペサイトが例外として考えられます。コピペサイトの場合、技術さえあれば処理の自動化により短時間で大量ページの作成も可能となります。

つまり、10分で1記事とは「内容の薄いサイト」か「コピペサイト」、「自動更新サイト」のいずれかと考えられます。オリジナルコンテンツは無理ですが、10分で1記事そのものは可能でしょう。

ブログの広告って噂には聞いていたけれど、クリック率が1%くらいなんだね。しかも、1クリックが8円とか、20円とか。60円とかだとうれしい感じ。



クリック率が随分高いですね。グーグルアドセンス(Google Adsense)に代表されるPPC広告(Pay Per Click:ペイ・パー・クリック)のクリック率は多くの場合非常に低いものです。私もアドセンスは数年前から行ってますが、そのクリック率は驚くべき低さです。残念ならがアドセンスの規約により詳細データを明かすことはできませんが。

しかし、クリック率が1%を超えるという話は多くありますので不可能ではないのでしょう。


最初は、来る人もあんまりいなかったんだけれど、2ヶ月くらい経つと、かなり検索でひっかかるようになった。いわゆるログが溜まるってやつなのかな。過去の記事でひっかかるのって、便利だ。

過去記事でひっかかるようになってくると、今度は更新の頻度をひかえても人が来るようになった。まー、そもそも相互リンクが鬼のようにあるので、放っておいても人が来るしね。



「大量更新によりサイト内ページ数が増え、検索エンジン経由でのアクセスが増える」とはまさにアクセスアップの王道です。単純にエントリページが増えることになるのですから、サイトのアクセス数も当然上昇します。更新頻度の高さはそれだけでもSEO対策になるのです。

「ニュース系サイト」の場合は更新を止めたとたんに目に見えてアクセス数が減少しますが、「知識系サイト」の場合は更新を全くしなくなったとしてもアクセス数はあまり減りません。事実、現在私の運営しているPCinfoサイトは1年以上更新を停滞を数回繰り返しましたが、アクセス数は減るどころか少し増えました。

相互リンクは1~2件しかない私のサイトでこの通りですから、鬼のように相互リンクがあった場合は「放っておいても人が来る」というのは事実であると言えます。

そんなこんなで、1個のブログにつき1日500人くらいの人が、間違えてくるようになった。5回のクリック。1個のブログで、1日100-150円くらい。100個のブログだから、1日10000円から15000円くらい。月だと、300000円ー450000円くらい。1日1時間くらいの作業だから、楽なもんだなと思う。



10分で1記事のブログに1日500人のアクセスですか・・・。仮に1ブログ当たり平均50ページ存在するとして、1ページ当たり10人。PV(ページビュー)ではなくUU(ユニークユーザー)換算となるとかなりの数です。

実際ページ数は100以上あっても、アクセス数が1日100を超えないブログは山のようにあるのです。1日500アクセスというのは結構なブログですよ。多くの人はたった1つのブログを1日500アクセス以上にするのが大きな壁となっているのです。


現実問題として、一日500アクセスを実現するためにはブログ内ページ数は最低でも100は欲しいです。

専業アフィリエイターとして1ページ30分の記事を1日実働10時間で更新したとして、1日20ページの更新が可能。100ページ構成のブログは100だと総数10,000ページとなるので、500日で完成する。

わずか1年半で月収30以上・・・どうも現実味を感じません。

この方法が汎用性を持つならば、次の1年半も同様の手順で30万アップ、さらに次の1年半も同様に30万アップ。9年間で月収180万を実現することになります。フリーメールが不足するとかそういう問題は脇に置いといて・・・、9年間でのページ総数は6万ページ・・・、何かここがうそ臭い。


やはり10分で1記事どころか30分で1記事も難しい。1記事を30分で書くことくらい余裕ですよ!なんて方も多そうだが、問題は継続性なのです。

1記事を30分で書く」という作業を、10時間・・・つまり1日20回も繰り返し、それを毎日継続することが現実的では無いのです。ですが、逆を考えましょうか。


それができるアフィリエイターは月収30万を越すことは可能である


とも言えます。おそらくアフィリエイターの中で上記の作業を行える人は1%もいません。つまり私を含めてほとんどの人達にとっては現実的ではないのです。

ちなみに、今回の記事の真偽についてですが、10時間で60個の記事更新が可能など誇張された表現が多く見られましたが、「ブログ100個の記事を大量更新・大量リンクにより月30万以上を実現した」という点に関しては真実性は高いと考えています。

事実、月収30万以上を稼ぐ専業アフィリエイターはそれなりに多いのです。


とはいえ、1日500アクセスのブログを100なんてとんでもないですね。私の運営するPCinfoサイト全体でも1日のユニークユーザーは500いきませんよ・・・。あのレベルを100個も作るとなると途方に暮れそうです。


なんにしても、本当に興味深い話題です。とても1記事では語りきれないくらいに。当ブログでは今後もこの話題については継続的に触れていきたいと思いますので、どうぞお楽しみに。
[ 2010/02/05 ] 未分類 |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。