ホーム > スポンサー広告 > ページ内コンテンツ増量の威力ホーム > アクセスアップ実験(講座サイト編) > ページ内コンテンツ増量の威力

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 |

ページ内コンテンツ増量の威力

Webサイトやブログを作成するときには、1ページに100の情報を詰め込むのと、10ページに10の情報を用意するのと、100ページに1の情報を分散させるページ構成法が考えられます。

当然、よりユーザビリティが高く、よりアクセスアップが望める構成が好ましいです。しかし、この類の検証情報はあまり多くなく、仮にあってもSEO対策という視点に偏りがちです。

そこで当ブログでは、1ページ当たりのコンテンツ量とPVの関係を考えたいと思います。
前回のページを増やしてPV激増作戦のてん末では、新たなコンテンツを別ページに用意しPixia講座のトップページから目立つようにリンクを貼ったにも関わらず、思ったほどのPV(ページビュー)を稼ぐことは出来ませんでした。

pagemore2.png

そこでページ数はそのままに、ページ内コンテンツの増量よりPVを稼ぐ作戦を決行しました。

zouryou.png

「Googleのようなロゴを作ってみる」という新規コンテンツを2話分、同一ページに追加しました。3ページ目へは単一リンクにするのではなく、ナビゲーションと新しい話追加しましたよ~というアピールもこめてリンクも増量しました。

さて、その効果はと言いますと明確に出ました。

zouryou1.png

3ページ目のロゴ作成講座は、25日には10PVでしたが、コンテンツを追加した翌日には41PVと大増量です。その差4倍!です。

この結果を見ても明らかに1ページ内のコンテンツ量とPVは比例します

ただし、コンテンツが増量したことを訪問者に明確に伝える必要があります。もし、コンテンツ増量後もTopページの目次が以前の単一リンクのままであったならば、訪問者の興味を引くことはかなわなかったと思います。

この結果から考えるに、PVを稼ぎたいがために複数のページに情報を分散させすぎるのは止めた方が賢明かもしれません。ページを分割しなくとも、ナビゲーションさえ適切であるならば、コンテンツ量の増加に比例してPVもまた増えるのですから。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。