ホーム > スポンサー広告 > 下書き保存離れのススメホーム > 未分類 > 下書き保存離れのススメ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 |

下書き保存離れのススメ

多くの無料ブログのCMS(コンテンツ・マネジメント・システム)には、下書き保存という機能が標準で付いています。Windows Live Writer等のブログ投稿ツールにも、下書き機能は当然付いてます。

 

この「下書き」というのがクセモノで、書きかけの放置記事を量産する元凶となり得ます。今回は、実際に放置記事を量産している私から皆さんへ「下書き保存離れのススメ」の話しをお送りします。

 

実はこのエントリーも放置状態だった

このブログ、Webアクセス向上委員会の更新にはWindows Live Writer(WLW)というブログ投稿ツールを使っています。このWLWにも下書き保存機能が当然のように備わっています。

 

WLWを使い始めてからは、記事を書きかけの状態で下書き保存する習慣が付いてしまい、下の画像のようにストックが10記事ほどある状態です。話のネタが尽きてないという意味では良いことかもしれませんが、気分的には学生でいうところの宿題がたまっている状態であまり嬉しくありません。

 

blogikki01

 

ちなみに何を隠そう、この記事自体が放置記事となっていたものでして、上の画像を見てもらうと分かると思いますが、一番下に見える保存日時が2010/12/30となっています。上の5つの下書き記事も大して日付は変らないはずです。

 

今日(この記事の投稿日)は2011/03/28ですから、今回のエントリー「下書き保存離れのススメ」は実は3ヶ月前に下書き保存して放置状態になっていたということです。

 

下書きが増えると・・・

書きかけの記事が溜まっていると、新しい記事を書こうという意欲が見事に消し飛びます。バイキングなどで食べ放題だからと調子に乗って皿に料理を盛りすぎたら食欲失せたって感じでしょうか。

 

また新規記事の作成時点では、あれについて書こうこれについて書こうと頭の中で考えが広がっているのですが、記事を途中で下書き保存して1日以上経ってしまうと何について書こうとしていたのかすっかり忘れてしまいます。

 

なにより一晩寝ると「○○について書くぞ!」と高まってたテンションがどこへやら。

 

人によりけりと思いますが、少なくとも私の場合は「書こう!」と思い立ったときに最後まで一気に書かないと次の瞬間にはモチベーションが下がってしまいます。と言いますか、別のことに興味が移ってしまうのです。

 

ならば「興味が再び沸くまで放置すればよい」と開き直る手もありますが、このエントリー自身開き直った結果3ヶ月近くの放置となってしまいました。現在、放置記事の量はさらに増えており、新規記事作成の意欲まで奪う有様となっております。

 

いっそのこと「書きかけの記事を全削除」という思い切りのよい行動も選択肢としてはありですが、せっかく思いついたネタを消去する度胸は私には残念ながらありません。

 

もう将来に渡って読むことはないであろう本も、「もしかしたら3年後くらいにまた読むかも・・・」という訳の分からない理由付けでなかなかジャマな本を処分できない心持ちと同じです。

 

下書き保存離れのススメ

今はまだ10や20といった程度なのでいいですが、今後サイト運営を本格化し出すとストック記事が100や200と増えていくことも考えられます。

 

PCinfo.orgの本格運用を開始するにあたって、独自のCMSを構築したという話しをしましたが、CMSを自作した理由の一つが「下書き保存をシステム的にさせないこと」だったのです。詳細は明かせませんが、下書き内容の投稿を強制するシステムになっています。

 

一旦記事を書き始めたが最後、取りあえず最低限公開できるレベルまで記事を一気に書くことを強制されます。おそらく世の中の99%の人には受け入れられないCMSだと自負しております。

 

私のCMSは残念ながら公開できませんが、プログラムスキルのある方はぜひ自分専用の長期間下書き保存不可のCMSを構築して頂きたい。(※ただし、一時保存機能はないとパソコンがフリーズしたとき悲惨)

 

なお、FC2等の無料ブログの投稿ツール、WordPressの投稿ツール、WLW等の記事投稿ツールを利用する場合、下書き保存機能をシステム的には切り離せませんし無効化もできません(WordPressはプログラムスキルがあれば可能)ので、放置記事を作らないように心がけるしかありません。

 

保存するときに、下書き保存ではなく予約投稿にすることを自分に義務付けるのでもいいかもしれません。

 

言うまでもありませんが、どんなに下書き記事が溜まっても放置記事にはならない堅実なブログ運営者には無縁の話です。しかし私同様に「下書き記事数≒放置記事数」となってしまっているブログ運営者はどんな方法でもよいので放置記事の量産を避けるべきです。

 

下書き保存をしなければ、そもそも放置記事が溜まっていくことはありません。だからこその「下書き保存離れのススメ」です。記事を書いたら即投稿、「ブログ記事は一気に書くに限る」を合言葉に放置記事を撲滅しましょう。

[ 2011/03/28 ] 未分類 |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。