ホーム > スポンサー広告 > ブログを更新し続けるための動機ホーム > 未分類 > ブログを更新し続けるための動機

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 |

ブログを更新し続けるための動機

ブログを継続して更新していくためには、「細かく目標を設定する」ことが有効です。しかし、それだけでは不十分で「明確な動機を持つ」ことも一定量以上の更新を続けるためには必要です。

 

そこで今回、モチベーションを維持するためにはどのような動機が必要なのか、そして私自身がどのような動機でこのWebアクセス向上委員会の更新を続けているのかについてお話しします。

 

ブログ運営で得られるもの

ブログやWebサイトを運営している以上、そこには何らかの動機が存在します。「友達がブログやってたから自分も始めてみた」というのも一つの動機です。ビジネスとして収入を得ることが動機である場合もあります。

 

問題なのは、ブログ・Webサイト運営とは大変な時間食い虫であり、失われる時間に対するリターン(見返り)が無ければ継続は難しいということなのです。

 

得られる何か>ブログ運営で失われる時間

 

この不等号が成り立たなければ、ブログ継続の意味はありません。時間の無駄遣いになってしまいます。ただし、私は多くの場合においてこの不等号の関係は成り立つと考えています。

 

つまり、ブログを運営し続けることで多くの有形・無形の資産を築くことができると考えているのです。

 

 

サイト運営に魅力を感じられなかった10年間

仮にブログ運営で多くを得ることが出来るとして、そのことに無自覚であるならばブログ運営によるメリットを享受することなく、更新を止めてしまうことでしょう。

 

私が初めてサイトを立ち上げたのは今から10年ほど前になりますが、その時はサイト運営で得られるものに対して無自覚でした。何事も「初めて」というのはそれだけでワクワクするものであり、最初のうちはそのワクワク感だけで更新を続けていました。

 

ただし、ワクワク感は数ヶ月と続かず、時間経過と共にサイト運営に対する意欲も失せていきました。社会人になり思うように時間が取れなくなったこともサイト運営に対するモチベーションを低下させる原因となりました。

 

実際、初めてのサイト立上げから10年立つ今日まで、私はサイトやブログ運営に対して大した魅力も感じていませんでした。今になって思えば、本当に勿体無いことをしたと感じています。

 

10年がかりで、私はサイト運営の魅力に気づいたのです。

 

 

動機の明確化

結論から言ってしまいます。ブログそのものが資産なのです。

 

しかし、少なくとも数年前の私はこのことに無自覚でした。だから「資産を増やそう」「資産価値を高めよう」という発想に至らなかったのです。

 

私の本職はITエンジニア兼講師で、技術という無形の資産で飯を食っています。社会人となってからは、この「技術という資産」を増やし価値を高めるための努力を今日まで継続してきました。

 

この技術という資産は、自分の頭の中に留めておくだけでは何の価値もありません。外にアウトプットしてこそ意味を成すのです。そして、アウトプットのためには「」が必要となります。「ソフトウェアを作成する場」「技術を教えられる場」等です。

 

そこにインターネット、つまりWebサイトやブログという「場」が存在することに、ようやく最近気づくことが出来ました。そして、その場での情報のアウトプットが資産そのものを築くことに繋がると理解したのです。

 

 

動機の詳細

Webサイト・ブログ運営により得られるものの具体例を見ていきましょう。

 

基本的には「有形・無形の資産構築」という点に主眼を置きますが、資産構築だけが得られるものの全てではありません。例えば、単なる「自己満足」であっても満足感を得られること自体に十分な価値があります。

 

以下は、私が現時点で思いついた項目になります。

 

収入を得る

いきなり即物的な話で申し訳ありませんが、「資産を得られる」ことを一番直感的に理解できる例として最適だったので、第一にこれを挙げさせて頂きます。

 

例えば、このWebアクセス向上委員会でもGoogleアドセンスをブログ収益化の方法として利用しています。他にもアマゾンや楽天などの物販アフィリエイトを行うことで、ブログ運営で収入を得ることができます。

 

仕事を得る

あなたのサイトを見た企業から仕事のオファー書籍化の話が来ることがあります。実際に私はこれで仕事を頂いたことがあります。

 

人事採用の立場からすると、「職務経歴書+短い面接」だけで採否を決定するのは難しいというのが本音でしょう。特に技術者の職務経歴書ほど信用できないものはない。それよりは、Webサイトやブログで知識量・技術力を公開している人を採用したいと思うのは自然なことではないでしょうか?

 

書籍化については、多くの例がありますから皆さんご存知の通りです。

 

知名度

サイト運営によりあなた自身の知名度・ブランドを高めることができます。自身の運営ブログを名刺代わりにしている人も少なくありません。サイトを作ることで、あなた自身の存在を世間に認識してもらうことが出来ます。

 

知名度はそれだけで立派な無形資産です。芸能の世界では影響力そのものと言ってもいいでしょう。

 

知識の蓄積と洗練

私はあなたに仕事に関連する内容のブログを始めることを強くオススメします。

 

例えば私の場合はIT技術に関するブログです。飲食店勤めなら飲食に関するブログ、医療関係なら医療に関するブログ、介護関係なら介護に関するブログを立ち上げて頂きたい。

 

ただし、仕事の愚痴などをかく日記的なブログではなく、知識系のブログです。例えば飲食なら「サービスに関するノウハウ」「飲食業界の各種データ」「スイーツの流行」などテーマはどの分野でも山のようにあります。

 

それらの知識をブログに書く(アウトプット)習慣をつければ、自然と情報のインプット量も増え、気が付いたときには豊富な知識があなたに蓄積されています。しかも情報のインプットとアウトプットを繰り返すうちに、自然と知識が洗練されていきます。

 

さらに、それらの知識をどう仕事に生かすのかもブログで研究するうちに、その道筋が見えてくることでしょう。

 

趣味(自己満足・アイデンティティ)

「所詮、自己満足でしょ?」などのようにネガティブに捉えられることが多いですが、自己満足は大変重要なことです。ブログ運営で何らかの自己満足が得られるならば、それだけでも継続する意味があります。なにせ満足感ですからね。

 

趣味があると無しとでは心の豊かさが違ってきます。その自分の趣味を思う存分ぶつける場としてブログは大変有効ではないかと思います。アニメやゲーム系のブログの場合は、趣味も兼ねていることがほとんどではないでしょうか?

 

私自身、このWebアクセス向上委員会は趣味で書いている・・・面も多々あり、それ故更新が継続できているとも言えます。

 

人に評価されたい

「知名度」がビジネス的欲求であるならば、「人に評価されたい」とは感情的欲求の話と言えます。人間である以上、大なり小なり人に必要とされる場を私たちは求めています。

 

例えば、ゲストブックで「役に立った」とか「期待してます」と言われると嬉しい気持ちになります。このブログの場合だと、拍手ボタンが押されると私の気分は舞い上がります。記事を読んでもらえているだけでも嬉しいものです。

 

「批判」も評価の一つであろうと思います。「評価されたい」の裏側には「評価したい」という欲求もあります。他人のブログ記事を引用して、その内容を批判するという行為も「評価したい」という欲求の現れです。

 

何かについて自分の考えを述べられる場としてもブログは有効であろうと思います。

 

使命感(もらった情報の恩返し)

自己満足の面も含みますが、それが全てではありません。

 

例えば医者は地位や金銭だけでその仕事に従事している訳ではありません。人の命を救う、怪我や病気で苦しんでいる人を救うという使命感を持っています。

 

私も同じで、IT講師をしていますが報酬だけを目的にこの仕事に就いているわけではありません。「IT業界を支える技術者を育てる」という使命感を持っています。

 

ブログ運営にも、使命感という要素があっても不思議ではないと感じています。

 

私は他の方のWebサイトやブログから多くの知識を得ることが出来ています。その多くが善意による情報公開です。例えばWordPressの設定などで自分がつまづいた部分があれば、他の人が同じ部分でつまづくことの無いように情報を公開してくれているのです。

 

実際にその公開された情報のおかげで助かってきた身としては、自分もその恩返しをしたいという使命感に近い思いが心の隅っこにあるように思えます。

 

 

Webアクセス向上委員会の動機

本音を言うと、これまであまり動機について深く考えたことはありませんでした。月30エントリーというハードルの記事を書いているときに、初めて動機が明確になっていることに気づいたレベルです。

 

このブログ自身「知識の蓄積と洗練」が最大の動機ですが、その他の管理サイトについては、Webアクセス向上委員会で蓄積された知識を元にして、ビジネス的な側面「収入を得る」「仕事を得る」に繋げたいと考えています。

 

今は夢物語ですが、最終的にはWebアクセス向上委員会というSNSを作りたいですね。Webサービスの提供を主軸として、アクセス向上を目指すコミュニティー。なにせ、今のところ委員会メンバーは私一人しかいませんので。

[ 2011/01/08 ] 未分類 |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。