ホーム > スポンサー広告 > Bloggerのリアルタイム統計機能の紹介ホーム > Blogger > Bloggerのリアルタイム統計機能の紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 |

Bloggerのリアルタイム統計機能の紹介

国内での利用者数の少ないBloggerですが、少しでも利用者が増えることを願って、Webアクセス向上委員会ではBloggerの布教計画を立ち上げたいと思います♪(* ̄ー ̄)

 

今回は、Bloggerのアクセス解析機能の紹介をします。

bgkaiseki00

 

統計「サマリー」

2010年の7月あたりから加わった機能らしいです。Bloggerにログインし「統計」タブよりアクセス解析の画面を表示することができます。

 

bgtoukei01

 

Bloggerのアクセス解析の魅力の1つはリアルタイム統計を表示してくれる点です。またサマリーが非常に見やすくて、シンプルだけど欲しい情報は一通り取得できるという感じでしょうか。ページビュー限定だけど・・・。

 

もちろん本格的に統計分析をしたければGoogle Analyticsを別途設置することも可能です。Blogger自体Googleが運営しているサービスですので、Bloggerのアクセス解析の信頼性もアナリティクスと同程度に期待ができます。

 

アナリティクスは敷居が高いなと感じている方にとっても、Bloggerのアクセス解析機能ならばとっつきやすいのではないかと思います。実際に上の統計サマリーを見てください。とても分かりやすいですよね。

 

統計「投稿」

投稿の項目ではタイトル毎のページビューを確認することができます。棒グラフにより視覚化されており直感的に人気ページが把握しやすくなっています。

 

bgtoukei02

 

統計「トラフィックソース」

自分のブログにどこから訪れてくれたのかの情報を表示します。

 

今のところ、このブログとGoogleからのアクセスだけですね。参照元URLをクリックすると、Googleで検索されたキーワードなどを知ることができます。

 

bgtoukei03

 

数が少ないからなのか「検索キーワード」は今のところ表示されてくれません。紹介できなくて残念です。

 

統計「参加者」

国別、ブラウザ別、OS別の統計情報を表示します。

 

bgtoukei04

 

ちなみにChromeからのアクセスって、ほとんど私のアクセスだけじゃないでしょうかね?

あはははは・・・はぁ。

 

Blogger統計の欠点

ページビュー基準のデータしか表示されていない点です。ユニークユーザー数やセッション数の情報を知ることはできません

 

基本的にページビューの情報さえ分かれば十分というユーザーは多いと思いますが、それ以外の詳細情報も知りたい場合はGoogle Analyticsの設置をオススメします。詳細分析はアナリティクスで、リアルタイム情報はBlogger統計でという住み分けができていいんじゃないかな。

[ 2010/12/30 ] Blogger |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。