ホーム > スポンサー広告 > 月30エントリーというハードルホーム > アクセスアップ実験(当ブログ編) > 月30エントリーというハードル

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 |

月30エントリーというハードル

ブログを継続して更新していくためには目標を作ることが大切だということをブログ100記事というハードルで述べました。その目標の一つとして、月間更新数が挙げられます。

 

以前は、「好きな時に好きなだけ更新すればよい」と考え、気分次第で更新したりしなかったりを繰り返しましたが、その結果として放置サイトを生み出すことになりました。

 

今回は、更新維持に必要なことについてお話します。

 

日々の積み重ねの力

当ブログでも月間更新数がついに30に達しました。12月は31日までありますが、このエントリーでちょうど31記事目になりますので、1日1記事に相当する更新数を達成できたことになります。

30entry01

 

私が初めて自分のサイトを作ったのが10年ほど前になりますが、1ヶ月でこんなに記事を更新したのはこれが初めてです。目標としては本当に小さいことだと思います。しかし、これを来月・再来月も達成できたとしたらどうでしょう。

 

私は更新数の目標として、「200記事を達成する」と「月30記事更新」の2つを設定しています。目標を実現できれば、来年4月の頭には200記事達成できていることでしょう。

 

さらに、来年の今頃には400記事に達していることになります。

 

 

検索エンジン経由の訪問者は記事数に比例

記事(エントリー)数が増加すれば、それだけで検索エンジンからの訪問者は増加していきます。

 

つまり「記事数が増える」ことは「サイト内のキーワード総数が増える」ことを意味しているので、スモールキーワードでの検索エンジンからの流入が増えてくるわけです。この考え方をロングテールと言います。(参照:ビッグキーワードとスモールキーワードの意味

 

このブログの実例を紹介します。

 

30entry02

 

基本的に12月は記事数を増やすこと以外にSEO対策はしておりませんが、それだけでも明らかなセッションの増加が確認できます。

 

30entry03

 

11月末時点で77記事で、12月に30記事追加で総数は107記事となりましたので、記事の増加割合は38.96%です。それに対し、検索エンジンからのセッションの増加は68.48%なのでかなりオイシイ状況となっております。

 

既に記事総数が1000を超えるような規模の大きいブログでは、必ずしも検索エンジン経由の訪問者数が記事数に比例するとは限りません。これはキーワード重複などの別の問題が発生するためです。

 

しかし、記事数が数百程度であれば、更新数に比例して検索エンジンからの訪問者も増えると考えて構いません。本当に構わないのかは、当ブログ自身のデータでもって証明していきたいと思います。

 

 

ある程度の文章量は必要

記事(エントリー)数に比例して検索エンジンからの訪問者を増やすためには、1記事あたりの文章量がある程度は必要です。

 

1000文字くらいを目安にすればよいのではないかと思います。少なくとも500文字以上を目指せば大丈夫でしょう。それ以下の文章量だと、1ページ内に十分なキーワードを盛り込むことが出来ず、ロングテールの効果が期待できなくなります

 

文章は書いてればそのうちコツが掴めてきます。最初は1000文字書くのに4時間掛かったとしても、何度も書く内に3時間→2時間→1時間と短時間で書き上げることができるようになるはずです。

 

また、文章を多く書くことでブログ内に記事という資産が溜まっていくと同時に、自身の頭の中に知識が蓄えられていきます。

 

このブログをはじめた当初は、アクセスアップについてもSEOについても全く分からないという状態でしたが、現在ではかなり知識が増えてます。それでもまだ素人レベルを脱することは出来ていませんが、少なくとも他のSEO系のブログを見て「何を言っているのか分からない」ということは完全になくなりました

 

理解度の上昇は、当然記事の質に影響をあたえます。

 

 

一定の文章量と更新頻度を維持する困難さ

正直言って、維持のためには目標を立てるだけでは不足です。小さな目標を1つずつクリアしていく達成感だけでは途中で挫折すると思います。

 

本当に大切なことは動機です。

 

このWebアクセス向上委員会を訪れてくれて、なおかつ今この記事を読んでいるということは、多かれ少なかれアクセスアップに興味を持っているということですね。

 

「所詮趣味だし、誰も読まなくてもカンケーネー」・・・ではなく、自分のサイトに出来るだけ多く訪れて欲しい、読者がいっぱい欲しいと考えているはずです。

 

「読者を増やしたい」というのは、それだけで動機になり得ます。では、具体的にどの程度の人達に読んで欲しいのですか?1日100人ですか?それとも1000人ですか?

 

1日100人程度なら「読者を増やしたい」という動機だけでも目標を達成できるかもしれません。凄い人ならその動機1つだけで1日1000人どころか10万も100万も呼び込むサイトを作ることが出来るかもしれません。

 

しかし、一般的には無理です。少なくとも私には無理です。1日1000人以上に訪問してもらうには、アクセスアップだけの動機では続かないのです。

 

ブログ継続の難しさ

ブログ更新とモチベーションの関係についての1つの考え

 

一定の文章量で一定の更新数を維持するには、明確な動機が必要です。「自己満足」も立派な動機ではありますが、それだけで更新モチベーションを維持できるのはやはり少数派だと思われます。

 

 

おわりに

最近ブログの更新頻度を上げてますが、何故急に月30エントリーの更新を可能とするほどモチベーションが上がったのかを考えたとき、自分の中でサイト運営の「動機」が明確になったことを自覚するに至りました。

 

これまでは漠然と、「アクセス数増えればラッキー」程度だったのが、「必ず!絶対に増やす!」に意識が変っていました。故に目標が明確になり、戦略を考えるように思考が変化しているのです。

 

サイト更新継続のためには、「動機」が必要です。

今後、当ブログの主要テーマの1つとして扱っていきます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。