ホーム > スポンサー広告 > AnalyticsアカウントでGoogleウェブマスターツール所有権確認ホーム > 未分類 > AnalyticsアカウントでGoogleウェブマスターツール所有権確認

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 |

AnalyticsアカウントでGoogleウェブマスターツール所有権確認

Google アナリティクスは長く利用していますが、ウェブマスターツールはこれまで全く利用したことがありませんでした。

 

しかし、Webアクセス向上委員会というアクセスアップやSEOをテーマに扱うブログを運営しているのに「ウェブマスターツールのこと全く知りません」はマズイだろ・・・ということで、ウェブマスターツールの利用を開始することにしました。

 

そこで今回は、ウェブマスタールーツ利用するための手順を解説します。

 

サイトの追加

まずはサイトに飛びましょう ⇒ ウェブマスターツール

 

Googleのサービスなので、利用するためにはGoogleアカウントが必要です。もし持っていなければ取得しましょう。アナリティクス等を利用している方はそのアカウントでログインします。

 

wmtool02

 

ちなみに、今回のエントリーはウェブマスターツール利用時には「サイト確認」という手順が必要だよ!という話なのですが、同じGoogleのサービスであるBloggerを利用した場合は、このサイト確認の手順が省略されるようです。

 

なおBloggerに興味がある方は、Bloggerでブログをはじめてみたをご覧ください。

 

今回は当ブログ「http://webaccess.blog13.fc2.com/」を追加する例を見ていきますが、上の画像ではすでにサイトを追加した後のものです。

 

wmtool03

 

サイト追加の方法は簡単で、「サイトを追加」ボタンをクリックし、現れたテキストボックスにURLを入力するだけです。

 

サイトの追加を終えたら、「このサイトを確認」をクリックしてください。

 

所有権の確認

サイトのURLを追加しただけではウェブマスターツールを利用することはまだできません。何故なら、追加したURLがあなたのサイトであるという証拠がどこにもないからです。

 

そこで「所有権の確認」という作業に入ります。

wmtool01

 

ちなみに以前はもっと項目が少なかったです。そもそも私がいままでウェブマスターツールを利用してこなかったのは、利用したいサイトにいちいちメタタグを設置するのが面倒だったためなのです。

 

なのに気づいたら、Analyticsアカウントでの所有権の確認が可能になってるじゃありませんか。これは嬉しいですね。Analyticsユーザーなら気軽にウェブマスターツールも利用できるようになります。

 

なお、解析ツールであるGoogle Analyticsを利用していない場合は、メタタグ設置等のほかの方法で所有権確認をする必要があります。ウェブマスターツール使うならまずアナリティクスを設置することをオススメします。

 

 

さて、所有者確認に入りますがここで注意です。アナリティクスの古いトラッキングコードを利用している場合は以下のように警告を受け「所有者の確認」に失敗します。

 

wmtool04

 

「サイトhttp://webaccess.blog13.fc2.com/を確認できませんでした」と文句を言われました。

何事と思って調べてみたら、ヘルプに以下のようにありました。

 

Google Analytics トラッキング コードによる確認(ウェブマスター ツール ヘルプ)

Google Analytics を使用してサイトのトラフィックをトラッキングする場合は、サイトに関連付けられた Google Analytics トラッキング コードを使用してサイトを確認できます。この方法は Google Analytics アカウントの管理者のみが使用できます。また、トラッキング コードで新しい非同期スニペットが使用されている必要があります。

新しい非同期トラッキングコードの方じゃないとダメって書いてあります。

 

ちなみに2010年の5月から、Googleアナリティクスのコードは非同期トラッキングコードが標準になっています。これからアナリティクス設置する方は、問答無用でこの非同期トラッキングコードを貼り付けることになります。

 

ですが、それ以前の古いトラッキングコードを利用している場合は、ウェブマスターツールからの所有権確認が出来ません。面倒ですが、新しいのに貼り変えましょう。

 

なお、WordPressのアナリティクスプラグインで「Ultimate Google Analytics」を使用している方はご注意ください。これ、数年前から更新が止まっていて古いトラッキングコードしかサポートしていません。

 

非同期コードに対応したプラグインについては以下のエントリーをご参照ください。

Google Analyticsの非同期トラッキングコードに対応したWordPressプラグイン Google Analyticator

 

 

では作業に戻ります。

 

上の画像にあるように「Google Analytics アカウントにリンク」のラジオボタンを選択したら、「確認」ボタンをクリックしましょう。

 

「所有権の確認」に成功すれば、以下のようなダッシュボードが表示されます。

 

wmtool05

 

以上で終了です。お疲れ様でした。

 

 

おまけ

あの・・・この記事書いてる時に初めてこのダッシュボード見たんですが、重要キーワードに「という」が含まれてるんですけど・・・。

 

それキーワードじゃねぇから!Googleさん!それキーワードちゃうから!

全く・・・なんということだ。

[ 2010/12/27 ] 未分類 |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。