ホーム > スポンサー広告 > 「ページランクはSEOには意味が無い」についての誤解ホーム > SEO対策研究 > 「ページランクはSEOには意味が無い」についての誤解

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 |

「ページランクはSEOには意味が無い」についての誤解

Web担当者Forumにて、ページランクにSEO的意味は無いとのGoogleからの公式発言があったという記事が公開されていました。

 

「ページランクを過大評価は出来ない」ということは数年前から言われていることですが、ページランクは役立たず・無意味だという極端な意見もネット上で散見するようになってきました。

 

そこで今回、Googleページランクについて誤解されている部分を明らかにし、正しいページランクとの付き合い方について考えたいと思います。

 

はじめに

「ページランクはSEOには意味がないよ」グーグル公式発言(Web担当者Forum)

ツールバーで見えるPageRankは、私たちが内部で使い随時更新しているPageRankの、過去のある時点のデータを示しているだけだ。

サイトの「クロール」「インデックス」「順位付け」に対して、ツールバーのPageRankは何も変化を与えない。

ウェブマスターとして、もっと他のことに意識を向けることを、強く推奨する。

 

当エントリーで扱うポイントは以下の通りです。

  1. ツールバーで見えるPageRank(TBPR)
  2. TBPRは過去のある時点のデータを示しているだけ
  3. TBPRは検索順位等に影響を与えない
  4. TBPRにこだわるな

 

1.ツールバーで見えるPageRank(TBPR)

まず第一に、引用文中での「ページランク」という言葉の意味について考えましょう。

Googleツールバーに表示されるものなど、われわれが触れる「PageRank」は、「ツールバーPageRank(TBPR)」と呼ばれる。

ブラウザのツールバーやGoogle PageRank Checkerで確認できるページランクはツールバーページランク(TBPR)と呼ばれています。これはGoogleが内部で利用しているページランクとは区別されています

 

仮に、TBPRが全く無意味だったとしても、Googleのページランクアルゴリズム自体が無意味であるわけではありません。つまり「PageRankという特許技術そのものがGoogleで利用されなくなった、だから無意味だ」なんてことを言っているSEO専門家は一人もいません

 

今回のWeb担当者Forumの内容は、すべてツールバーページランク(TBPR)の話であることを十分に注意してください。

 

 

2.TBPRは過去のある時点のデータを示しているだけ

これはかなり以前から言われていることで、SEOに関わっている人達にとっては常識の範囲かもしれません。

 

PageRank伝説 - Googleの代名詞の真相(SEO塾)

 

WebマスターやSEOスペシャリストが集うフォーラムでのGoogle幹部の発言

1.PageRankは(バックリンクも)、常にスナップショットを使い、現在の順位付けのデータにとっては過去のものにすぎない。

2.PageRankは、毎日のように計算しているが、3~4カ月ごとに目に見えるPageRankを送り出すだけだ。

あるユーザーがGoogleにPageRankのことを問い合わせた時の返信

1.GoogleツールバーのPageRankは、娯楽の意味しかありません。

2.GoogleツールバーのPageRankは、数カ月前のものを見せています。

3.GoogleツールバーのPageRankは、順位付けのためのPageRankとは同じものではないのです。

 

2005年時点での記事ですので、結構前から言われていたことが分かります。従って、TBPRのデータは古いものであるということは事実であると判断できます。

 

しかし、TBPRのデータが「古い情報である」とは言っても、TBPRのデータが「Googleが内部で利用しているページランクと全く無関係のデタラメ情報である」とは言っていません

 

「娯楽の意味しかありません」の部分がデタラメだってことを言ってるんじゃないの?と思われるかもしれませんが、この件については次以降の項目で見ていきます。

 

 

3.TBPRは検索順位等に影響を与えない

既に「Googleが順位付けに使用しているページランク」と「ツールバーページランク(TBPR)」は区別されているという話はしました。さらにTBPRは古い情報であるという話もしました。

 

以上より「Google順位付けPR ≠ TBPR」となり、TBPRに表れるデータは現在の検索順位等に影響を与えられません。

 

Googleが内部で利用しているページランクは頻繁に更新されているものであり、そのデータが検索順位等を決定する要素の一部として利用されています。決して古いTBPRのデータなんか利用しちゃいません。

 

ページランクとはリンクの評価です。しかし、Googleはリンクだけで順位付けを行っているわけではありません。Googleの検索順位決定には200以上の指標があるとされており、ページランクはその一部にすぎません。ただし、重要な指標であることに変りはありません。

 

さて、先程の「GoogleツールバーのPageRankは、娯楽の意味しかありません」について考えましょう。

 

TBPRは過去のデータを使っているという記述は先程より何度も表れています。では「何の過去データ」を使っているのですか?言うまでもなく、Googleが内部的に利用しているページランクの過去データです。それ以外の全く無関係のデタラメデータを利用する合理性などどこにもありません。

 

つまり、「古い情報」で「限定的な情報」ではあるものの、TBPRで表示されている情報はGoogleが内部で利用しているページランク情報の一部であることは間違いないのです。

 

ただ、TBPRの情報をビジネスの場で用いるのはどうがと思いますが・・・。

古い情報である上、0~10の11段階というアバウトな数値でしかありませんしね。

 

だから「娯楽だ」とGoogleは言っているわけです。

「無意味だ」とは言っていません。

 

 

4.TBPRにこだわるな

TBPRに目が眩んだスパムSEOが本当に多いんです。特に一昔前のSEOサイトやブログには、被リンクを獲得するためのゴミのような手法が数々紹介されていたりします。

 

さすがに最近では、そういうサイトにはGoogleがペナルティーを課すので、その数は徐々に減りつつはあります。それでも高ページランク限定のリンク集ってたまに見かけますよね、記事関連性を全く無視したリンク集・・・。

 

「TBPRにこだわるな」とは、「質の低い被リンク集めに執着するのやめろ」ということです。つまり「スパムやめろ」ってことです。

 

 

おわりに

TBPRは確かに過去の古い情報を参照しているものであり、その情報も11段階のアバウトな値でしか表されません。ただし、TBPRの情報はGoogleが内部で利用しているPageRank情報を参照しており、リンク評価の一端を表しています

 

また、リンク評価はGoogleの検索順位決定の重要な指標の一つであることには変わりなく、そのリンク評価の一端を表すTBPRもまた無価値ではありません

 

しかし、TBPRは「リンク評価の一端を表しているにすぎない」とも言えるわけで、過大評価してはいけません

 

ほどよいバランスでTBPRとはお付き合いしていきましょう。

[ 2010/12/23 ] SEO対策研究 |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。