ホーム > スポンサー広告 > ブログ更新とモチベーションの関係についての1つの考えホーム > 未分類 > ブログ更新とモチベーションの関係についての1つの考え

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 |

ブログ更新とモチベーションの関係についての1つの考え

前回のブログ継続の難しさでは、ブログ更新を継続するにはモチベーションの維持が重要だとの話をした訳ですが、今回はそんな話へのアンチテーゼとも言える内容をお届けします。

ブログを長続きさせる6つの要素
http://d.hatena.ne.jp/sinden/20070911/1189475118

(引用):ブログ板に「虚しさを感じながらブログ続けてる香具師集合」というスレがある。

という書き出しからはじまるモチベーションを上げるための記事を受けての内容です。
ちなみに以下の記事は、アフィリエイターの中でも特に金儲けにしか興味がなく、最初からブログに人を集めることしか頭にない人達向けに書かれたものではありませんので誤解なきように。


ブログの更新が続かなくて悩むのっておかしい(うぱ日記)
http://d.hatena.ne.jp/iris6462/20070912/1189598125


記事はブログを更新し続けることモチベーションを必死に維持することがそんなに重要なことなのか?という問題提起から始まります。

(引用):「ブログの更新が続かなくて悩む」人は、『ブログを目的にしている』のではないだろうか。
ブログを更新して、アクセス数を増やすことを目的にしている。街運営ゲームで、街の規模を大きくしようとしている感覚に近いのかもしれない。


ブログは自身の意思や情報を伝えるために利用するものであって、アクセスアップゲームじゃないよという話ですね。


(引用):「ブログの更新が続かなくて悩む」人は、もっと気楽に「毎日更新しなくても良い」と思えば良いのではないだろうか。

ニュース系サイトなどは特にそうですが、毎日更新しているか否かでアクセス数が極端に変わるジャンルってのはありますね。以前私の知人にMac系のニュースサイトをされていた方がいましたが、趣味+実益+義務感って感じで日々更新をされてました。

趣味だけではニュース系サイトの維持は難しいでしょうね。実益と義務感のどちらか一つでも持ってないと継続はできず投げ出してしまうでしょう。なので、「ブログの更新が続かなくて悩む」人はそもそも毎日の更新が求められるようなブログジャンルを選ぶべきではないのでしょうね。


(引用):どんなに楽しいゲームだって漫画だって、趣味はいずれ飽きる。ブログだって、飽きたら止めてしまえば良いではないか。

虚しさを感じながらブログ続けてるくらいなら止めちまえ!という考えですね。意思や情報の伝達手段はブログじゃなくてもチャットでも掲示板でもいいのだからという話なのですが、ここは少し考えてみたいところです。

ブログもチャットも掲示板も情報伝達手段であることに違いはありませんが、ここでの話ではブログ=自分のものチャットも掲示板=他人のものという関係があります。

例えばお友達どうしでのコミュニケーションを考えても、自分の家にお友達がきてくれるのと、自分が他人の家に行くのでは何かが違います。チャットや掲示板だけで情報伝達は十分であるならば、そもそも何故ブログを自分で作る必要があるのでしょうか。

もしチャットや掲示板だけでは不足してしまう何かが実は大切なものである可能性もあるので、「飽きたら止めてしまえば良い」という意見に対しての私の考えは保留です。同様に、ブログへの反応の有無と更新が続く続かないのモチベーションとは無関係という主張に対しても考えは保留します。少なくとも私は人に読んでもらうためにブログの記事を書いているのです。誰も見てくれない、反応も無いではモチベーションの維持が困難です。

文字というのは情報伝達の手段であることは言うまでもありませんが、例えば書道には、ただの情報伝達の手段以上の別の価値が存在しています。虚しさを感じてまでもブログを続ける価値については、引き続き当ブログでは考えていきたいと思います。
[ 2010/01/26 ] 未分類 |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。