ホーム > カテゴリー - アクセスアップ実験(講座サイト編)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 |

PCinfo.orgの本格運用を開始

念願のドメインPCinfo.orgを取得して以来、8ヶ月ほど放置状態が続きましたが、ようやく本格的な運用を開始する準備が整いました。今回は、新しくサイトを始めるにあたって注意した点についてお話します。

 

pcinfoorg01

スポンサーサイト

更新頻度はやはりアクセス数に影響を与える

アクセスアップ実験(当ブログ編)は久しぶりの更新になります。3ヶ月ぶりですかね。講座サイト編に至っては4~5ヶ月更新してませんのでそれに比べるとまだましです。

 

このブログの原点はWebアクセス向上のための公開実験にあり、具体的なサイトやブログをターゲットとしてアクセスアップのための試行錯誤を行いその情報を公開することにあります。その情報公開が少々疎かになっていましたので、軌道修正したいと思います。

 

最近このブログの更新頻度を上げているのですが、その効果が表れているように思えます。Google Analyticsのデータを元にみていきましょう。

講座サイトのアクセス数が大減少

最近、当ブログについては更新頻度を上げていますが、もう一方の講座サイトの方はもう4ヶ月程放置状態が続いており、あれよあれよという間にアクセス数が落ちていってしまいました。

アクセス数減少の理由は更新停滞以外にもあるのですが、何にせよここは一発活をいれる必要があります。そもそも当ブログを立ち上げた目的はアクセス向上にこそあるのですから、ここで一発原点に立ち戻ろうと思います。

念願のドメインを取得しました!

以前から念願だったドメイン「pcinfo.org」を取得できました。

実は取得自体は数ヶ月前に完了していたのですが、更新マンドクセー('A`)状態になっていたため報告が遅れました。なんにしても、pcinfoのドメイン取得は悲願だったのです。

国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)でしたら以前から空きがあったのですが、何せ値段がお高い。安いものでも年額2000円近くします。そこでジェネリックトップレベルドメイン(gTLD)で空きがでるのを待っていたのですがようやく入手に成功したという訳です。

今回取得したpcinfo.orgですが、案の定、前保有者はドメイン売買目的に取得していたものであったことが後から調べて分かりました。

PCinfoトップページに異常アクセス?何があった

実は現在Youtube動画系の実験サイトを作成していまして、他のサイト運営は完全にお留守になっておりました。で、そのサイトの開発が一段落つきましたので、そろそろ当ブログや講座サイトの運営に戻ろうと考えてGoogleアナリティクスを確認したところ、あ然・・・。

なんとPCinfoのページビューが1000を突破していました。

なぜ??何もしてないのに?・・・まさか、2chにさらされたとか。馬鹿な、あんな人畜無害なサイトがさらしの目にあうなどありえない。何故だ~~と涙目状態だったのですが、どうやら杞憂に終わったようです。

今回は、真っ当なサイト運営はやはり良い!というお話です。

PageRank(ページランク)はリンクのみでは決まらない?

以前ページランクとリンクの関係のところで、Googleはウェブページの重要度を「被リンク」「発リンク」「リンク数」の3点で決定しているという話をしました。

とりわけ、被リンクについては内部リンク・外部リンク共に重視されており、SEO(サーチエンジン最適化)を考える場合には避けて通ることのできないものとなっています。もっとも、このせいでコメントスパムやトラックバックスパムに手を出している迷惑極まりない連中が一向に減らないのですが・・・。

さて今回、コンテンツ整理のために、サイト内のPageRank(ページランク)を調べてみたところ、予想しない結果が出てしまいましたのでその話をします。

Googleトレンドで現状を分析してみた

前回PVが急下降!一体何があった?で暴落したPV(ページビュー)ですが、金曜で420PV、土曜で482PVとなりましたので、ある程度は回復しました。週末の方がPVは上がりやすいという考えは、私の講座サイトに関しては間違っていないようです。

Googleは「pixia」キーワードでの検索結果が2ページ目に落ちてしまいましたが、Yahooでは依然として1ページ目のままです。良かったじゃん!と思われるかも知れませんが、あまり良くないです。

Yahooの1ページ目に表示されていながら、平均400PV/日程度しかないともいえます。PVだけならば関連ページ増産すれば増えていくでしょうが、問題はUU(ユニークユーザー)の方なのです。

そこで「Pixia講座」に未来はあるのか?をGoogleトレンドを用いて調べてみたいと思います。

PVが急下降!一体何があった?

ここ数日の大幅上昇が一気に帳消しとなるPV(ページビュー)暴落が発生しました。
一日でPixia講座Topページへのアクセス数が601PVから396PVに大暴落

nazegeraku0.png

前回のPVが急上昇!ビッグキーワードの威力での喜びはどこへやら?1日1000PVも現実味を帯びてきたとか言った瞬間これかよと我ながら呆れましたが、少し考えてみたいのです。一体何故たった1日でこんなに急下降するのでしょうか?

PVが急上昇!ビッグキーワードの威力

ここ数日でPCinfoサイト全体のPV(ページビュー)が急上昇しています。

kyuzou1.png

当ブログWebアクセス向上委員会を始めてから、わずか10日ほどで成果が出てきたことになります。戦略的にサイトを更新することがこうもアクセスアップに繋がるという現実を目の当たりにして私自身驚いているところです。

そこで一体何がここ数日のアクセス上昇の原因となったのかを考えてみたいと思います。

ページ内コンテンツ増量の威力

Webサイトやブログを作成するときには、1ページに100の情報を詰め込むのと、10ページに10の情報を用意するのと、100ページに1の情報を分散させるページ構成法が考えられます。

当然、よりユーザビリティが高く、よりアクセスアップが望める構成が好ましいです。しかし、この類の検証情報はあまり多くなく、仮にあってもSEO対策という視点に偏りがちです。

そこで当ブログでは、1ページ当たりのコンテンツ量とPVの関係を考えたいと思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。